日下部保雄

カーライフニュース - 日下部保雄

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ビッグマイナー後の『エクスプローラー』はフロントデザインなどの変更で、SUVとして貫禄が増した。同時にインテリアもナビシステムなどの進化でこちらも満足度は高い。

エクスプローラーは5mを超える全長、2mに及ぶ堂々たるサイズなのだが、走っているとスクエアなボディで、サイズを感じさせない。新しい2.3リットルの「エコブースト」はFFモデルに搭載されるが、こちらも2040kgの重量に対して、結構余裕があってターボのトルクを実感することができ・・・

ニュースを読む

新しいトヨタの新しい製造コンセプト、TNGAは低重心、高剛性、そして生産性の良い構造を念頭に開発され、その第1号が『プリウス』になる。

すべてが新しいプリウスは飛躍的に向上した乗心地が印象的だ。荒れた路面での突き上げが減少し、これまで評判の悪かった後席でも足元の拡大とともに心地良く過ごせる。

ハンドリングはもっとも印象的な性能アップの部分だ。重いパワートレイン位置を下げ、サスペンションもリアが独立になっただけでなくフロントのジオメト・・・

ニュースを読む

トヨタの隠れたヒット作、『シエンタ』が垢抜けたデザインでデビューし、好評だ。

まったく新しいプラットフォームでホイールベースが延長され、キャビンも広くなり3列目シートの実用性も高くなった。3列目には、2列目を折り畳んで(簡単に)入り、座るとつま先も2列目シートの下に入るので、大人でも居住性は悪くない。

また低床フロアの為に乗降性は容易だ。2/3列シートはカラクリのように収納でき(これも簡単)大きな荷物室が生まれ、マイクロミニバンとし・・・

ニュースを読む

そのフットワークの良さに驚いた。かといって乗り心地が硬いわけではなく、逆にウルトラ滑らか。『XE』はドイツ御三家のメルセデス、BMW、アウディと違ったプレミアムセダンとして別のキャラクターを作り上げることに成功したと思う。

ワインディングロードでは正確なステアリングにまるで一回り小さい小気味のよいスポーツカーを操っているようで、まったく痛快。正確に反応するハンドルは市街地でも安心できる。ハンドルの操舵力の重さも適切で、最小回転半径も含・・・

ニュースを読む

ホンダでなければ作れない軽のピュアスポーツ。2人の乗員を運ぶためのパッケージングは潔く運動性能のために追及されている。

クイックだが過敏でないハンドリング、後輪のグリップは高く、ミッドシップレイアウトにありがちな限界域での危うさはなく、どっしりと安定した姿勢はドライバーに限りない安心感を与える。ステアリングの応答性は確実で、グイグイと曲がっていくし、その操舵力の変化も少なくこの点でもドライバーに安心感を与えてくれる。

6速マニュアル・・・

ニュースを読む

『ロードスター』はいつ乗っても楽しく、ワクワクさせてくれる。ND型では重量を1tに抑えてライトウェイトスポーツカーの持つ軽快なフットワークを進化させ、1.5リットルの自然吸気エンジンで素直にクルマを運転する楽しさを伝える。

その面白さ、気持ちよさはすでにプロトタイプでのワインディング試乗で体験済だが、公道試乗でも裏切られることはなかった。

収納が片手でできるソフトトップを収納して、ぴたりと収まるドライバーズシートの乗り込み、走り出す・・・

ニュースを読む

コンパクト・クロスオーバー、『CX3』は最近のマツダ車のセオリーに則ってクラスを超えたプレミアム感を待たせている。

大きなマスクにロングノーズ、躍動感のあるスタイルも好感が待て、あえてキャビンの広さにこだわらないところもこのスタイルを実現させたが、実際のキャビンは決して狭いことはない。

シンプルでスマートなインテリアも心地よく、パッケージの工夫でドライバーが足を延ばした自然なドライビングポジションが取れるので、サイズが1クラス大きく・・・

ニュースを読む

誕生50周年を迎えた『マスタング』はリアサスペンションを伝統のリジットから現代的はマルチリンクに変えて、エンジンも2.3リットル直列4気筒の「エコブースト」を搭載したまったくの新型になった。

マスタングはこれまで当然ながら北米を中心とした販売を行っていたが、新型は世界を見据えたグローバルカーになる。最初は記念車が左ハンドルで今春に入るが、その後は今後輸入されるV8も含めてすべて右ハンドルになる。画期的なことだ。

マスタングらしい力強・・・

ニュースを読む

『ロードスター』の哲学、人馬一体を継承して進化させたのがND型ロードスターだが、初心に立ち返った車づくりに注目する。

軽量化を進め、小排気量でもスポーツカーらしいパワーウェイトレシオを得て、フットワークを向上、前後重量配分を改善することでライトウェイト・スポーツカーの真髄を極める。こんなシナリオだ。

実際にドライバーの着座位置を少し後方にずらしたことで、前荷重が減りステアリングの応答性が向上、コーナリング姿勢に入ってからアクセルをジ・・・

ニュースを読む

レクサス『RC F』はベースとなった『RC』に、さらにボディ強化を施してガッチリした土台をつくり、ハイパワーに十分に対応できる車体を作り上げている。一体発泡成形のバケットシートは身体によくフィットしつつ、乗降性を損なわない優れものだ。コクピットはスポーツカーらしい雰囲気に包まれているがタイトではない。『LFA』譲りのRC F専用スライドメーターは、必要な情報が分かりやすく表示されてワクワクする。

注目のドライブセレクトは「ECO」、「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算53回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算53回目)を10/28に行いました。前回の給油から648.4k...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針