ケニー中嶋

カーライフニュース - ケニー中嶋

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アメリカ市場では3列シートのミッドサイズSUVはミニバンに代わるファミリーカーの代表ともいえる存在で、自動車メーカー各社はこぞって力を入れている。マツダ『CX-9』もこのカテゴリーのクルマで、今夏10年ぶりにフルモデルチェンジ。北米で発売されたばかりのこの新型、2代目CX-9に試乗する機会を得た。

ミッドサイズとはいえCX-9は全長5065mm、全幅1930mm、全高1728mm、ホイールベース2870mmの体躯で、マツダの現行ライン・・・

ニュースを読む

北カリフォルニア、サンフランシスコ近郊にある風光明媚なリゾート地モントレーにある「マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ」。米国はもちろん世界でも自動車メーカー名の冠が付いているサーキットは、ここラグナ・セカだけだ。

自然の丘陵を利用したコースは高低差に富んだレイアウトで、ラグナ・セカの代名詞といえる、ブラインドの進入部から山頂を一気に駆け下る通称「コークスクリュー」をはじめ、それぞれすべてが異なるテクニカルな11のターンが配されている。・・・

ニュースを読む

「MX-5カップ・インビテーショナル」が10-11日に米西海岸ラグナセカレースウェイで開催され、ナサニアル“スパーキー”スパークス〈アメリカ〉が総合優勝した。日本から参戦した堤優威(つつみ・ゆうい)は総合5位だった。

週末に介されたのは、マツダ『MX-5』、日本名『ロードスター』のワンメイクレース世界シリーズ開始にあたっての招待エキシビションレースだ。サポートレースもあわせてフォトレポートで紹介しよう。・・・

ニュースを読む

米西部時刻6月11日、サンフランシスコでWWDC2013「Apple World Wide Developpers Conference(WWDC) 2013」が開幕した。

幕開けのキーノートで、ティム・クックCEO(最高経営責任者)によるアップル社の業績紹介に続き、最初に登壇したのは 「ANKI」社のCEO兼共同創立者のボリス・ソフマンだ。カーネギーメロン大学博士課程で人工知能(AI)とロボット工学を研究し、在籍中に同社を立ちげた・・・

ニュースを読む

アメリカで9代目ホンダ『アコード セダン』に続き10月15日に発売された北米専用モデルの『アコード クーペ』。

セダン同様、新型はホンダのベストセラーミッドサイズセダンとしての性格、ポジションをより際立たせる方向へと進化。歴代のどのアコードよりも洗練されラグジュアリーで、装備とパフォーマンスも適正に向上している。

従来モデル比でホイールベースと全長は僅かに短くなり、ホイールベースが2725mm(-15mm)、全長4806mm(-20・・・

ニュースを読む

【SEMAショー12】サイオンはカスタム FR-S で勝負

by ケニー中嶋 on 2012年10月30日(火) 07時30分

10月30日にラスベガスで開幕するSEMAショーを前に、ロサンゼルスでサイオンの出展車披露イベントが開催された。

会場には7台のカスタム『FR-S』が集結。今回発表された7台の中には毎年サイオンが最高の改造車に授与する「チューナー・チャレンジ・アワード」にノミネートされている3台も含まれている。

チョップトップボディに仕上げられたもの、ド派手なエアロキットと大型のリアウィングを組み付けたGT仕様等々、内外装に様々なカスタマイズが施さ・・・

ニュースを読む

ホンダの新型アコード セダン、適正に進化[写真蔵]

by ケニー中嶋 on 2012年10月30日(火) 07時00分

アメリカで9月19日に発売された9代目ホンダ『アコード セダン』。国内仕様とは異なる北米モデルだが、7代目と8代目は『インスパイア』として国内でも販売されていた。

新型はホンダのベストセラーミッドサイズセダンとしての性格、ポジションをより際立たせる方向へと進化。歴代のどのアコードよりも洗練されラグジュアリーで、装備とパフォーマンスも適正に向上している。

従来モデル比で全幅以外は僅かながらコンパクト化しており、ホイールベースは2776・・・

ニュースを読む

10月12日深夜、トヨタ『タンドラ』がスペースシャトル『エンデバー』を牽引。大観衆が見守る中、LAX空港(ロサンゼルス国際空港)にほど近いフリーウェイ405をまたぐ橋を渡りきり、無事「最後のミッション」を成功させた。

1992年の初飛行から25回の宇宙飛行を行い、昨年退役したスペースシャトル・エンデバー最後のミッションは「ミッション26」と銘打たれた最終輸送計画。フロリダ州のケネディ宇宙センターから空輸されたエンデバーのオービターは、・・・

ニュースを読む

トヨタ タンドラ 、136トンのスペースシャトル牽引計画

by ケニー中嶋 on 2012年09月20日(木) 19時15分

2011年のスペースシャトル計画終了に伴い、3機のオービタ(メインエンジンを含む宇宙船本体部分)は退役したが、その中の1機「エンデバー」がロサンゼルス中心部に近いカリフォルニア科学センターに展示される。

「エンデバー」はスペースシャトルの5号機で、1992年から2011年の間、25回の飛行を行った。また毛利衛宇宙飛行士が2回(STS-47、STS99)、若田光一宇宙飛行士が2回(STS-72、STS127)、土井隆雄飛行士が1回(ST・・・

ニュースを読む

21番手から快進撃の佐藤琢磨、ラストラップにまさかのクラッシュ。最終戦のウィナーはエド・カーペンター、2012シリーズタイトルはライアン・ハンターレイ。

米西海岸時9月15日(土)、カリフォルニア州フォンタナにあるオートクラブ・スピードウェイで2012インディカーシリーズ最終戦が行われた。

最終戦までもつれこんだシリーズチャンプ争いは、トップのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を17ポイント差でライアン・ハンターレイ(アンドレッテ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針