富士火災海上保険

カーライフニュース - 富士火災海上保険

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

J.D.パワー アジア・パシフィックは7月14日、2016年日本自動車保険新規加入満足度調査の結果を発表した。

新規加入満足度調査は、新規契約顧客および切替顧客を対象に、契約保険の内容、契約手続き時の保険会社・代理店の対応実態など自動車保険に新規で加入する際の顧客満足度を調べた。

調査結果によると、代理店系では富士火災海上保険が総合満足度1位となった。同社は総合満足度に与える影響度が最も大きい「価格」に加え、「契約チャネル」でトップ・・・

ニュースを読む

富士火災海上保険は、7月23日からiPadを活用した契約募集ツール「富士モバイル」の運用を開始すると発表した。

「富士モバイル」は、起動が速く、持ち運びしやすい、画面が鮮明で分かりやすいなど、iPadの特長を活用し、契約手続きや各種パンフレットの閲覧を可能とする独自のアプリ。

アプリは、同社の保険商品の募集を行う代理店・扱者が利用する。

今回の運用は、さまざまなパターンの火災保険の見積りから契約手続きの完了までを顧客と一緒にペーパ・・・

ニュースを読む

AIU損害保険と富士火災、2015年下半期に合併へ

by 編集部 on 2013年07月17日(水) 10時45分

AIGジャパン・ホールディングスは、子会社であるAIU損害保険下と富士火災海上保険を2015年下半期以降、合併による経営統合を行なう方向で準備を進めると発表した。

AIUと富士火災は、2011年に富士火災がAIGの100%子会社となって以降、次世代代理店システムの共同開発、商品の代理代行販売、人材交流など、連携を加速させてきた。

今回、AIGグループとして将来に向けた相乗効果を追求する成長戦略を検討してきた結果、両社の合併による経営・・・

ニュースを読む

富士火災通期決算、自然災害の影響で164億円の赤字

by 小松哲也 on 2012年05月18日(金) 14時30分

富士火災海上保険が17日発表した2012年3月連結決算は、自然災害に伴う保険金の支払いが増加した上、繰り延べ税金資産を一部取り崩したことなどにより最終損益が164億円の赤字となった。前期は21億円の黒字。

売上高にあたる正味収入保険料は前期比1.7%減の3524億円と微減だったが、正味支払保険金は同25%増の1988億円と大幅に増えた。さらに繰り延べ税金資産の一部取り崩しなどで法人税等調整額が187億円と前期に比べ135億円も増加した・・・

ニュースを読む

コンテナ船輸入遅延特約を4月から発売…AIUと富士火災

by 小松哲也 on 2012年03月29日(木) 18時30分

米チャーティス・グループ傘下のAIU保険と富士火災保険は、コンテナ船の到着が遅れたことで貨物の輸入者が被る経済的な損害の一部を補償する特約が付いた保険を4月から販売する。

従来の一般的な貨物海上保険では、遅延に伴う納期調整や商機逸失といった損害は補償していなかった。今回新たに発売するのは、貨物海上保険の包括契約の特約として設定するもので、貨物が輸入港に到着する予定日からの遅延日数に応じて、1契約者・1コンテナ船あたり5万〜30万円を上・・・

ニュースを読む

チャーティスグループ、本社・拠点を集約…各社の連携強化

by 小松哲也 on 2012年01月20日(金) 07時30分

チャーティス・ファー・イースト・ホールディングスは、グループ会社のアメリカンホーム保険や富士火災海上保険など、東京都内に分散している本社や拠点を2月から順次、東京都港区神谷町に移転、集約する。

グループ各社の業務の効率化を高めるとともに、グループ連携を強化するのが狙い。江東区錦糸町にあるチャーティス・ファー・イースト・ホールディングスおよびアメリカンホームの東京オフィスは2月に、中央区銀座にある富士火災の東京本社および富士生命の東京オ・・・

ニュースを読む

富士火災海上保険が16日発表した2011年4〜9月期連結決算は、純利益が前年同期比93%減の3億6400万円となった。

一般企業の売上高にあたる正味収入保険料は主力の自動車保険や自賠責、傷害保険で減少し、同1.7%減の1316億円だった。さらに台風など風水害による保険金の支払いが増えたため、大幅な減益を余儀なくされた。

東日本大震災の発生に伴う地震保険の保険金は富士火災単体で309億円になったが、全額を責任準備金から取り崩すため損益・・・

ニュースを読む

チャーティス、富士火災を100%グループ会社化

by 小松哲也 on 2011年08月19日(金) 06時15分

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の損害保険事業持株会社であるチャーティス・インクは18日、富士火災海上保険を100%グループ会社化したと発表した。

チャーティスは2月から3月にかけて富士火災の完全子会社化を目的に株式の公開買い付け(TOB)を実施。その後、少数株主持ち分の取得手続きを進め、8月3日付けで全議決権の取得が完了したとしている。

富士火災がグループに加わったことで、チャーティスは日本の損保市場で約8%・・・

ニュースを読む

富士火災、被災地の遺児を支援---新規契約数から寄付

by 編集部 on 2011年08月15日(月) 06時45分

富士火災海上保険と富士生命保険は、東日本大震災の復興支援のため、新規契約数のうち、一定額を義援金として寄付する活動を開始した。

今回の取り組みは、期間内に新たに加入を獲得した対象商品の契約1件につき一定額を、被災地の子どもの育成を支援するため「あしなが育英会」に寄付する。

また、地域経済活性化を目的に「日本商工会議所」を通じて、被害に遭った中小企業を支援する被災地域の商工会議所にも寄付する。

震災発生から5カ月が経過し、被災地で深・・・

ニュースを読む

富士火災の第1四半期決算…純利益は2.2倍増の40億円

by 小松哲也 on 2011年08月05日(金) 19時10分

富士火災海上保険が5日発表した2011年4〜6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比2.2倍増の40億円となった。

一般企業の売上高にあたる正味収入保険料は、個人分野が伸びて火災保険は増収となったものの、主力の自動車保険が新車販売台数の減少が響いて落ち込んだことなどから、同2.8%減の649億円だった。

その一方で異常危険準備金取崩の増加や、コスト削減、賞与支給時期の変更などによる事業費減少などが寄与し、増益となった。

・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針