ミライのクルマ

カーライフニュース - ミライのクルマ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SBドライブ、小田急電鉄と神奈川中央交通と自動運転バスの運行で協業へ

by レスポンス編集部 on 2018年05月24日(木) 16時45分

ソフトバンクグループのSBドライブは、小田急電鉄、神奈川中央交通と自動運転技術を活用した実証実験の実施、自動運転に必要なシステムの開発、次世代スマートモビリティーのサービス構築に向けて協業することで合意した。

3社は小田急グループのバス事業に関するノウハウと実証実験のフィールド、SBドライブが開発している遠隔運行管理システムなどの自動運転に必要なシステムを活用して、自動運転バスの実用化に向けた取り組みを推進する。将来のビジネスモデルや・・・

ニュースを読む

今回の人とくるまのテクノロジー展では「自動運転技術、進化と現状」という特別展があり、そこには三菱電機が『アウトランダーPHEV』をベースに作った自動運転車『xAUTO』と、金沢大学 新学術創成研究機構 自動運転ユニットが開発中の自律型自動運転自動車などが展示されていた。

金沢大学の自律型自動運転自動車はこれが2代目で、トヨタ『アルファード』をベースに製作されている。

会場内に置かれている車両のルーフに取り付けられているLiDARが回・・・

ニュースを読む

ヴァレオジャパンは、政府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」に加わり、ダイナミックマップの実証実験に2018年度から参加する。23日に発表した。

ヴァレオが日本政府主導の自動運転プロジェクトに参画するのは初めて。

ダイナミックマップ大規模実証試験では、地図更新や動的な情報配信、紐付けに関する検証、参加者による動的情報を紐付けたダイナミックマップの活用検証、国内外関係組織との意見交換や議論を通じ、国際連携・・・

ニュースを読む

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。三菱自動車ブースの主役は新型SUV『エクリプスクロス』。車両と1.5リットルターボエンジンの単体の展示で新モデルの存在感向上を図っていた。

が、今回の展示で興味深かったのはブース奥の一角に設けられたスマートスピーカーとクルマをコネクションさせるデモンストレーション。実車はないのだが、Amazon AlexaとGoogle Assistantの2つが用意され、例えば「・・・

ニュースを読む

自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、23〜25日の会期で、パシフィコ横浜(横浜市)において開催される。主催は自動車技術会。

日本国内の四輪・二輪自動車メーカー、部品、材料、テスティング、CAEソリューションなどの企業各社をはじめ、関係協会・団体など、自動車産業に関わるあらゆる業界から企業が展示する。ワークショップ、特別講演、体験イベントとして試乗会などの特別企画も開催する・・・

ニュースを読む

HERE Technologiesは5月22日、パイオニアの子会社であるインクリメントP、中国の北京四維図新科技(NavInfo)、韓国のSK Telecomの3社と協力し、自動運転車の安全かつ効率的な走行に必要な高精度地図を提供することを目的に「OneMap Alliance」を結成したと発表した。

この日、Here Technologiesは都内のホテルでその説明会を開催。来日した車載部門担当シニア・バイスプレジデントであるラルフ・・・

ニュースを読む

5月21日、日野自動車は羽村工場において安全・自動運転技術説明会を報道機関向けに行った。まず「交通事故死傷者ゼロ」に向けた車両側の安全技術、現在開発中の自動運転技術について説明した。

続いて既に導入されているPCS(衝突被害軽減ブレーキ)を搭載した大型観光バス、日野『セレガ』に同乗し、50km/hでドライバーがアクセルを踏んだまま、前方の停止車両に接近し、自動停止するデモを披露。警告後に2段階で急制動がかかり、結構な減速Gで前方のクル・・・

ニュースを読む

小田急グループの小田急電鉄、神奈川中央交通と慶應義塾大学は、6月1日から10日まで、神奈川県藤沢市にある慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)において、自動運転技術の実証実験第一弾を実施する。

三者は2017年12月に、最先端技術に係る研究や地域の活性化などに関する連携協力協定を締結した。この実験は協定に基づき、SFCと最寄り鉄道駅とを結ぶバス路線での自動運転を目指して行なう。

小田急グループは、自動運転技術をはじめとする次世代の・・・

ニュースを読む

18日、日本自動車工業会の新会長に就任した豊田章男氏は、2日連続の会見に臨み、積極的に自動車産業と未来のモビリティ社会を語った。ひときわ熱く語ったのは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに込めた希望だった。

トヨタ自動車はオリンピック・パラリンピックを強力に支援する企業のひとつだ。豊田氏は東京2020競技大会組織委員会副会長でもある。この年に、自動車業界は自動運転に代表されるなど先進安全自動車を実現し、大会期間中の東京をその・・・

ニュースを読む

日産自動車は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、持続可能な社会の実現を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていく「ニッサンインテリジェントモビリティ」の取り組みを紹介する。

日産ブースでは、「ニッサンインテリジェントモビリティ」を具現化した『リーフ』の最先端技術を中心に、パネルや部品展示、映像で紹介する。電動化技術では、リチウムイオンバッ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiwai

今まで車を20台ほど乗り継いできました。主にマニュアルのスポーツタイプの...[ 続きを見る ]

JN1

クラウンハイブリッド

車種名:トヨタ クラウン (ハイブリッド)
投稿ユーザー:JN1***** さん
総合評価:

130000km ハイブリッド警告ランプがついた ハイブリッドバッテリー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針