ミライのクルマ

カーライフニュース - ミライのクルマ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダ、中国センスタイム社と自動運転のAI技術を共同開発へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月07日(木) 18時15分

本田技術研究所は12月7日、中国のセンスタイム社と自動運転の人工知能(AI)技術に関する5年間の共同研究開発契約を締結したと発表した。

センスタイム社は、AIの最先端技術の一つであるディープラーニングを用いた画像認識、特に移動体を認識する技術を得意とする企業として、世界で高い評価を受けている。

共同研究開発では、センスタイム社が持つ「移動体認識技術」と、ホンダの「シーン理解」「リスク予測」「行動計画」といったAIアルゴリズムを融合。・・・

ニュースを読む

SBドライブは、自動運転バスの実現・普及に向けて「安全・安心な自動運転バス実現会議」を発足すると発表した。

今回発足する「安全・安心な自動運転バス実現会議」は、人口減少や高齢化が進む中、地域やニュータウンなどで自動運転バスを普及させるため、自動運転バスに対する期待・懸念や、導入に当たって問題となる点などをオープンに議論するための会議。学識経験者や自治体、交通事業者、自動運転システム関連企業などが参加する。

議論した内容を基に、自動運・・・

ニュースを読む

5GAA(5Gオートモーティブ・アソシエーション)は12月5日、次世代の車車間通信技術の「C-V2X」の社会経済的利益についての報告書を発表した。

5GAAは、5G通信ソリューションの開発やテストを行う団体。5G通信ソリューションの標準化を促進し、社会的ニーズに対処するために、商業的な可能性とグローバルな市場浸透を加速することを目的とした複数業種にわたる連合組織となる。

主に、自動車メーカーとテレコム業界とを結合し、未来のモビリティ・・・

ニュースを読む

GMは12月5日、車内に電子商取引プラットフォームを導入し、車載画面で商品の注文ができるサービスを米国市場で開始すると発表した。

このサービスは、「GMマーケットプレイス」と命名。GMによると、平均的な米国のドライバーは、1日あたり46分を車内で過ごしているという。この時間を有効に活用してもらう目的で、GMマーケットプレイスを開始する。

GMマーケットプレイスに参加する企業は、スターバックス、ダンキンドーナツ、シェル、エクソンモービ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループのモビリティサービスの新会社、「MOIA」は12月5日、世界初の電動ライドシェアカーを発表した。

MOIAはドイツ・ベルリンに本拠を置く。スタートアップ精神に基づいて、迅速かつ俊敏な対応力で事業を推進できる独立法人として設立された。モビリティサービスは、フォルクスワーゲングループが、パワートレインの電動化などと並んで重視する事業。将来、大きな収益の柱に育つことを見込む。

そのMOIAが今回発表したのが、世界・・・

ニュースを読む

アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築する単眼カメラを開発した、と発表した。

NIPSは、人工知能に関する世界で最も重要なシンポジウムのひとつ。アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする・・・

ニュースを読む

デンソーは12月5日、規模駐車場の空きスペースに自動駐車する自動バレー駐車など、将来の自動駐車支援サービスの実現に向けて実証実験を開始すると発表した。

グローバルで自動運転に向けた技術開発が進む中、アウディやBMWは最新の先進運転支援システムとして、自動駐車機能を量産モデルに搭載すると発表。日本でも日産が新型リーフに国産車初の本格的自動駐車システムを搭載して話題を呼んだ。

デンソーでは東京支社を中心に、様々な開発パートナーと安心・安・・・

ニュースを読む

12月5日、一般財団法人日本自動車研究所(JARI)主催の「第5回 自動車機能安全カンファレンス」が開幕した。

自動車業界の機能安全活動の裾野の拡大、および自動運転技術開発の促進を図ることを目的とするもので、多数の業界エキスパートによる講演セッションが予定されている。会期は12月5日から6日まで。テーマは昨2016年に続き、「自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線」。

オープニングセッションに立ったJARI ITS研究部・・・

ニュースを読む

日産自動車とDeNAは、共同開発中の無人運転車両を活用した新交通サービスの名称を「Easy Ride(イージーライド)」と決定。一般モニターが参加できる実証実験を2018年3月5日より横浜市みなとみらい地区周辺で開始する。

Easy Rideは「もっと自由な移動を」をコンセプトとした、誰でもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる新交通サービス。各地域の既存の交通サービスを補完するものとして、開発を進めている。専用のモバイルアプリで目・・・

ニュースを読む

ルノーは12月1日、EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトに参画し、1000台の『メガーヌ』を納入すると発表した。

EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトは、「SCOOP」と呼ばれるもの。現実の運転条件の下で、将来の車車間(V2V)および車両からインフラストラクチャ(V2X)への接続ソリューションなどのテストを行っている。

ルノーはこのSCOOPプロジェクトに参画し、1000台のメガーヌを納入すると発表。専用仕様のメガー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油、そして燃費。

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算16回目)を12/10に行いました。前回の給油から553.9k...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

先日、妻がミライースをブロック塀にぶつけました。コーナーセンサーがついて...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針