ブラジル

カーライフニュース - ブラジル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ルノー、一挙3車種のSUV投入…ブラジル

by 森脇稔 on 2016年08月10日(水) 11時15分

フランスの自動車大手、ルノーは8月2日、ブラジル市場に新型SUV3車種を投入すると発表した。

これら3車種は、『クウィッド』、『キャプチャー』、新型『コレオス』。ブラジルで人気の『ダスター』に続いて、ルノーはSUVのラインナップ強化に乗り出す。

このうち、クウィッドは、小型のクロスオーバー車として登場。インドなどの新興国をはじめ、世界市場に投入を計画する。車台には、ルノーと日産が共同開発した「CMF-A」を使う。ルノー日産アライアン・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、ブラジル工場に生産設備を新設し、同国市場向けにトラック・バス用タイヤのトラック・バス用タイヤの生産を2019年3月より開始すると発表した。

ブラジル工場は2013年10月より乗用車・ライトトラック用タイヤを生産しており、2015年末時点で日産1万5000本の生産能力を有している。現在、トラック・バス用タイヤについては輸入販売を行っているが、ブラジルの同タイヤ市場は今後年2%程度の成長が見込まれるため、現地生産により安定・・・

ニュースを読む

ブリヂストンは、ブラジル・リオデジャネイロのBRT(バス高速輸送システム)にて、同社独自のITシステム「Tirematics」を活用した運送ソリューションの実証試験を開始した。

Tirematicsは、センサーを用いてトラック・バス用タイヤの空気圧、温度を計測し、車両位置情報とともにネットワークを通じて遠隔でリアルタイムにモニタリングするITシステム。異常な空気圧・温度を検知した場合は、車両管理者および運転手にアラートで通知し、タイヤ・・・

ニュースを読む

日立オートモティブシステムズは6月24日、ブラジルの燃料事情への対応を目的に開発した高圧燃料ポンプがフォルクスワーゲン社(VW)に採用されたと発表した。

ブラジルでは1973年のオイルショックを契機とした「国家アルコール計画」の実施により、サトウキビを原料とするエタノール燃料車両が開発、販売され始めた。現在では、サトウキビやトウモロコシなどのバイオマスを原料とするエタノールの生産量が、世界生産のおよそ3分の1を占めるまでに伸長。同時に・・・

ニュースを読む

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは6月14日、ブラジル・リオデジャネイロに新工場を開所した。

ジャガー・ランドローバーのブラジル新工場は、リオデジャネイロ州のイタチアイア市に建設。同社は工場建設に、2億4000万ポンドを投資した。南米で現地生産を行う英国の自動車メーカーは、ジャガー・ランドローバーが初めて。

また、ブラジル新工場は、ジャガー・ランドローバーにとって、2014年の中国合弁工場に次ぐ海外拠点。同社が全額出資・・・

ニュースを読む

ルノーの小型SUV、クウィッド …ブラジルでも生産へ

by 森脇稔 on 2016年05月31日(火) 07時30分

フランスの自動車大手、ルノーは5月13日、小型SUVの『クウィッド』(KWID)をブラジルでも生産すると発表した。

ルノーは2015年5月、クウィッドをインドで初公開。同車は、ルノーの小型のクロスオーバー車として登場。インドなどの新興国をはじめ、世界市場に投入を計画。車台には、ルノーと日産が共同開発した「CMF-A」を使う。ルノー日産アライアンスで、このCMF-Aを使用するのは、クウィッドが第一号車。

ボディサイズは、全長3680m・・・

ニュースを読む

トヨタ、中南米初のエンジン工場がブラジルで稼働開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年05月11日(水) 12時21分

トヨタ自動車のブラジルにおける製造・販売会社であるブラジルトヨタ(TDB)は、中南米地域で初となるエンジン工場を今年2月より稼働を開始し、5月10日(現地時間)に開所式を実施した。

同工場は、同じサンパウロ州で車両を生産するインダイアツーバ工場とソロカバ工場の中間地点にあるポルトフェリス市に約180億円(約5億8000万レアル)を投じて建設。生産能力は年産10万8000基、従業員数は約320名で、排気量1.3リットルと1.5リットルの・・・

ニュースを読む

豊田合成、南米初の生産拠点が稼働開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年04月15日(金) 07時00分

豊田合成は現地時間4月13日、ブラジルの生産子会社GDBRインダストリアコメルシオの開所式を実施した。

GDBRは、自動車生産が拡大し需要が見込まれる南米地域において、オートモーティブシーリング製品、セーフティシステム製品および内外装部品を供給することをねらいに設立。同社にとって、南米地域およびブラジルにおいて初の生産拠点となる。

開所式で荒島正会長は「豊田合成グループにとってGDBRは南米初の生産拠点であり、その稼動開始は記念すべ・・・

ニュースを読む

日産自動車が2016年内に、中南米市場で発売する新型クロスオーバー車、『キックス』。同車が、オリンピックの大舞台でデビューすることが判明した。

これは4月11日、日産自動車が明らかにしたもの。「5月3日に始まるブラジルのリオデジャネイロオリンピックの聖火リレーにおいて、キックスを初公開する」と発表している。

日産は2016年1月、キックスをブラジル・レゼンデ工場で生産する計画を公表。ブラジル市場で主力モデルの『マーチ』や『ラティオ』・・・

ニュースを読む

メルセデス、ブラジル新工場の開所式…Cクラス 生産開始

by 森脇稔 on 2016年03月28日(月) 10時30分

ドイツの高級車、メルセデスベンツは3月23日、ブラジルにおいて、乗用車の新工場の開所式を行った。

メルセデスベンツは新工場の建設に、およそ6億レアルを投資。完成した新工場では、メルセデスベンツ乗用車ブランドのまずは『Cクラスセダン』の生産を開始した。また同工場では、2016年の夏から、SUVの『GLA』を組み立てる予定。当初の年産台数は、最大で2万台を計画する。

ブラジル新工場の建設は、メルセデスベンツの2020年に向けた中期経営戦・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hayabusa

スバル製造最終型を新車で購入してもうすぐ十年、見たくれ使い方と好みはある...[ 続きを見る ]

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針