【エマージングマーケット】注目の記事

カーライフニュース - 【エマージングマーケット】注目の記事

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

いすゞ、フィリピンにアフターセールス支援会社を設立

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年11月21日(土) 07時00分

いすゞ自動車は11月20日、フィリピンおよびその他海外販売会社のアフターセールス支援を目的に「いすゞグローバル・サービス コーポレーション(IGSC)」を設立し営業を開始したと発表した。

IGSCでは、フィリピンにおける自動車整備士の国家資格を持つ整備士を採用。いすゞ製品の整備に特化した講習や実技訓練を通して、日本の高いサービス技術やノウハウを習得させ、世界各国のいすゞ系ディーラーに対し、アフターセールスの支援を行っていく。当面支援先・・・

ニュースを読む

BMW、南ア工場に投資…次期 X3 生産へ

by 森脇稔 on 2015年11月17日(火) 12時45分

ドイツの高級車メーカー、BMWは11月16日、南アフリカ工場に30億ランド(約515億円)を投資し、次世代の『X3』の生産に備えると発表した。

BMWは1973年、初の海外生産拠点として、南アフリカ・ロスリンに工場を開設。以後、BMWは着々と、海外に生産ネットワークを構築し、現在では世界14か国に、30の工場を構える。

南アフリカ・ロスリン工場では現在、『3シリーズセダン』を生産。2014年、6万8771台の3シリーズセダンを生産し・・・

ニュースを読む

インド 新車販売、20%増の32万台超え…祝祭特需 10月

by 森脇稔 on 2015年11月12日(木) 10時30分

インド自動車工業会は11月10日、インド国内の10月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、32万7225台。前年同月比は20%増と祝祭シーズンの需要で大きく伸び、4か月連続で前年実績を上回った。

10月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが10月、インド国内で12万1063台を販売。前年同月比は24.7%増と、18か月連続で増加した。

車種・・・

ニュースを読む

中国新車販売、11.8%増の222万台…減税効果で2桁増 10月

by 森脇稔 on 2015年11月12日(木) 09時00分

中国汽車工業協会は11月11日、中国における10月の新車販売の結果を明らかにした。商用車と輸出を含めた総販売台数は、222万1600台。前年同月比は11.8%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

中国新車販売が、2桁増となったのは、10か月ぶり。中国政府は9月下旬から、排気量1.6リットル以下の小型車に対する自動車取得税の減税を開始。この効果で、新車需要が盛り返した。

日系メーカー3社の10月実績では、日産自動車が10万9600台・・・

ニュースを読む

インド新車市場(乗用車)でトップシェアを誇るスズキのインド子会社、マルチスズキは11月2日、10 月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、13万4209台。前年同月比は29.1%増と、7か月連続で前年実績を上回った。

13 万4209台の販売台数の内訳は、インド国内が12万1063台。前年同月比は24.7%増と、18か月連続のプラス。輸出は1万3146台で、前年同月比は90.4%増と、3か月ぶりに増加する。

車・・・

ニュースを読む

ホンダ、パキスタン二輪車工場の生産能力を120万台に倍増

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年11月02日(月) 15時30分

ホンダのパキスタンにおける二輪車生産・販売合弁会社であるアトラスホンダ・リミテッド(AHL)は11月2日、稼働中のパキスタン・シェクプラ工場の生産能力を今後3年間で現行の60万台から120万台まで拡大する計画を発表した。

現在AHLは、パキスタン南部カラチ市に年間生産能力15万台、北東部シェクプラ市には年間生産能力60万台の生産工場を展開。このうちのシェクプラ工場で、2016年10月の稼働開始を目指して1ラインを増設し、その後段階的に・・・

ニュースを読む

ホンダ、ブラジル新工場の稼働を再延期

by 森脇稔 on 2015年11月02日(月) 14時00分

ホンダのブラジル法人、ホンダカーズ・オブ・ブラジルは10月30日、ブラジル新工場の稼働を延期すると発表した。

ホンダの新工場は、ブラジル第2の生産拠点。ブラジルのサンパウロ州イチラピナ市に位置する。

新工場は当初、2015年内に操業を開始する計画だった。しかし、ホンダは2015年7月、稼働を2016年3月に延期することを発表していた。

そして今回、2度目の延期を公表。現時点では、稼働時期は未定。ホンダカーズ・オブ・ブラジルによると・・・

ニュースを読む

マツダ CX-3、タイで生産開始…海外初の拠点

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年10月27日(火) 08時30分

マツダは、タイの車両生産拠点であるオートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.(AAT)にて10月26日、『CX-3』の生産開始式典を実施した。

式典には、マツダの菖蒲田清孝常務執行役員や藤川和久常務執行役員に加え、AATの役員や従業員など、約300名が出席し、新型CX-3の生産開始を祝った。

新型CX-3の生産拠点は、昨年12月に生産を開始した日本の本社工場に続いて、AATが2拠点目。海外の生産拠点では初となる。

マツダの・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社マルチ・スズキ社は10月26日、新型小型車『バレーノ』をインド国内向けに販売開始するとともに、世界各国へ輸出すると発表した。

バレーノは、スズキが今年9月のフランクフルトモーターショーに出品した新型コンパクトカー。ダイナミックでエレガントなスタイリング、最適なパッケージング、高いパフォーマンスを調和させ、インド国内向けには1.2リットルガソリンエンジンと1.3リットルディーゼルエンジンを搭載する。

マルチ・スズキ・・・

ニュースを読む

インド 新車販売、5%増の29万台…3か月連続で増加 9月

by 森脇稔 on 2015年10月15日(木) 09時00分

インド自動車工業会は10月9日、インド国内の9月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、29万5012台。前年同月比は5%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

8月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが9月、インド国内で10万6083台を販売。前年同月比は6.8%増と、17か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

ハイブリッド用バッテリーの充電問題。ディーラーの詳しい診断によると、 「...[ 続きを見る ]

雲白林檎

誤算

車種名:トヨタ 86
投稿ユーザー:雲白***** さん
総合評価:

この車を購入して一番のうれしい誤算。 マニュアル車なのにクルージングモー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針