ミャンマー

カーライフニュース - ミャンマー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本企業とミャンマー企業の合弁で設立された整備会社“GOLDEN JDA AUTO SERVICE”における日本人代表の水谷氏に、ミャンマーでの整備ビジネスの課題と魅力について話を聞いた。


◆ミャンマーの日系整備会社“GOLDEN JDA AUTO SERVICE(JDA)”

2015年9月に日本の中古車輸出会社(株)ダイレクトオークションと現地ミャンマーで中古車販売をするGolden Sea & Land Car Sales C・・・

ニュースを読む

ミャンマーの自動車メディアは紙からウェブへの流れが出てきている。ミャンマーで自動車月刊誌を発行する日系自動車メディア『CAR SEARCH(カーサーチ)』の責任者エイコミィン氏にミャンマー自動車メディアビジネスについて話を伺った。


◆ミャンマー自動車情報紙のウェブサイトへの流れ

ミャンマーは、日本が約半世紀前に経験したのと同じようにモータリゼーションの波を今迎えようとしている。一点異なるのはいきなりネットがあるということで、情報の・・・

ニュースを読む

2012年に SBTは中古車輸出ビジネスを行うためミャンマーに進出した。立ち上げを行ったSBTミャンマーの代表である長田(おさだ)氏にミャンマーにおける中古車ビジネスの課題と魅力について話を聞いた。


◆9割が中古車のミャンマー自動車市場

ミャンマーで流通している自動車の9割以上が中古車とみられている。その多くが日本からの中古車だ。2011年9月にミャンマー政府が中古車の買い替え推進施策を発表。その後2012年5月に個人に対する中古・・・

ニュースを読む

2015年11月の総選挙ではアウン・サン・スーチー女史が率いる野党のNLDが勝利を収めミャンマーでは新政権が4月からスタートした。現地ミャンマー中古車輸入企業は今後の自動車市場の動向どのようにとらえているのだろうか?


◆ミャンマー自動車市場の現状

自動車は税収面でのインパクトが強く多くの利権が絡むため不透明な部分が今まで多かった。ミャンマーでは2011年の民政移管の際に、政府はスクラップポリシーを発表し完成中古車輸入を解禁した。2・・・

ニュースを読む

日産、ミャンマーでの自動車生産を開始…年間生産能力1万台

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年02月18日(木) 07時30分

日産自動車は2月17日、アジア自動車大手のタンチョンモーターグループと共同で、同社初となるミャンマーでの車両生産を今年中に開始すると発表した。

タンチョングループは、主に自動車の生産・販売、アフターサービス、またローン、リース、保険などの関連金融サービスを展開。マレーシア、シンガポール、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーで日産車の独占販売店となっている。

日産は、まずタンチョングループの既存施設に車両生産ラインを新設し、小型セ・・・

ニュースを読む

2015年11月の総選挙ではアウン・サン・スーチー女史が率いる野党のNDLが勝利を収めミャンマーは新しい時代の幕を開けた。2015年12月に右ハンドル規制が出されたが、2016年の1月に元に戻った。混乱が見られる自動車市場はどうなるのだろうか?


◆完成車輸入解禁による自動車市場の拡大

ミャンマーでは2011年の民政移管の際に、政府は「経済開放と完成車輸入の解禁」の方向性を打ち出し次々と具体的な輸入許可の政策を取り入れていった。20・・・

ニュースを読む

三菱商事は、ミャンマーで不動産、金融、観光等を幅広く展開するSPAグループと、三菱自動車が製造する自動車・部品の合弁輸入販売会社MMCM社を同国に設立したと発表した。

MMCM社は、三菱商事50%、SPAグループ傘下のYNL社 50%の折半出資の合弁会社として、ミャンマーの首都ヤンゴンに設立。MMCM社は、三菱自動車の正規輸入販売会社として、首都ヤンゴンにショールーム、サービスショップ、部品倉庫を保有し、三菱自動車製の完成車および部品・・・

ニュースを読む

ブリヂストングループ、ミャンマー洪水被災者を支援

by 編集部 on 2015年09月10日(木) 15時00分

ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストン・アジア・パシフィック(BSCAP)は、7月にミャンマーで発生した洪水での被災者を支援すると発表した。

BSCAPは9月8日(現地時間)、シンガポール赤十字社を通じて支援金2万米ドル(約240万円)を寄付した。

BSCAPでは、「ブリヂストングループを代表してミャンマーで発生した洪水被災者のお見舞いを申し上げるとともに、一日でも早く平穏な生活を取り戻されることを祈念する」としている。・・・

ニュースを読む

ジャパンネクサスオートは、朝日トレードセンターと現地企業の50%ずつでミャンマーに設立した合弁会社で質の高い整備ビジネスを展開している。現地法人の代表取締役の松見俊信氏と、工場長である園田茂文氏にミャンマーでの整備ビジネスの魅力と課題について話を聞いた。


◆ミャンマーで整備ビジネスを含めた自動車アフタービジネスを行う魅力

ミャンマーで整備ビジネスを行う魅力は、「自動車市場の拡大に比例して整備を含めた自動車アフタービジネスチャンスが・・・

ニュースを読む

伊藤忠商事は8月28日、ミャンマー・ヤンゴン市に、いすゞ商用車の正規アフターサービス会社を設立したと発表した。

新会社の名称は「Compass Auto Co., Ltd.」資本金は400万米ドル(約4億8400万円)で、伊藤忠商事グループの100%出資となる。

新会社は、ヤンゴン市内ミンガラドンに、車両点検・修理・メンテナンスを一貫して行うことができるサービスショップを新設し、質の高い商用車のアフターサービスを実施。いすゞ車の販売・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

初ベンツ

車種名:メルセデスベンツ Cクラス (ステーションワゴン)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

前車からの乗り換えで、約1年半かけて探し続け、ようやくたどり着きました。...[ 続きを見る ]

yama

燃料

車種名:三菱自動車 eKワゴン
投稿ユーザー:yam***** さん
総合評価:

初めての燃料計測です。燃料18.65 古い車の3ATにして燃料まずまず。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針