M2M(Machine to Machine)

カーライフニュース - M2M(Machine to Machine)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

6月上旬、フロスト&サリバンジャパンによるカンファレンスイベント「GIL 2015: Japan」が開催された。自動車関連パートのセッションでは、情報通信技術リサーチ部門長マーク・アインシュタイン氏が「2015年〜その後の日本およびグローバルICT展望」をテーマに講演。アイシンシュタイン氏のスピーチ要旨をレポートする。


◆「ICT供給から、ビジネスサービス提供へ」

現在は、「何をビジネスとしているかに関わらず、すべての企業をICT・・・

ニュースを読む

ウェブの世界では読者データの分析はもはや当たり前。「どの検索サービスから来たのか」「どのページを見てブラウザを閉じたのか」「サイト滞在時間はどれくらいか」「クリック率の高い広告クリエイティブはどれか」などなど、たちどころに一目瞭然な形で表示できる。A/Bテストを活用したランディングページ最適化や、そしてDSP(Demand Side Platform)に代表されるリターゲティング広告も高度化が著しい。

「リアルの世界でのデータ活用はそ・・・

ニュースを読む

4月10日、国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス「Analytics2014 ‐SAS FORUM JAPAN」が開催された。同カンファレンスでは、データを活用し経済活動を効率化するための手法が数多く紹介された。

SAS Institute Japanからは、M2M(機器同士がネットワークで接続され、相互に情報をやりとりを行うことで、中間で人手を経ずに情報収集や管理・制御を実現する技術)分野での最新のアナリティクス活用事例を紹・・・

ニュースを読む

ドコモ、車載トランシーバサービスを開発

by 椿山和雄 on 2013年05月07日(火) 21時30分

NTTドコモは5月7日、全国のFOMAエリアで利用できる『車載型パケット対応トランシーバサービス』を開発したと発表。トラックやタクシーなどを運行する法人向けサービスとして、2013年9月の提供開始に向け準備を進めていくという。

今回発表した新サービスでは、FOMAエリアで利用可能なトランシーバ型の音声端末を開発。新端末は、音声通話やデータ通信だけではなく、外部インターフェースを用意することでトラックやバス等の運行管理や配車システムと連・・・

ニュースを読む

30日開幕したワイヤレスジャパン2012。エリクソン・ジャパンは、スマートフォンを活用したM2Mとして、携帯電話網を利用した「緊急車両通報システム」を紹介した。

今回の会場でも目についたのが「M2M(エムツーエム)」の文字、エリクソン・ジャパンの?橋正法氏は「人対人ではなく、モノ対モノ(マシンtoマシン)の通信を可能とした新たな事業領域となります」と解説、「我々は、M2Mの中で車対車、いわゆるITSに注目しています」と話した。

同社・・・

ニュースを読む

北欧の通信キャリアでモバイル通信キャリアの世界シェア第5位のテレノール・コネクション(Telenor Connexion)がスウェーデン大使館で会見を開き、M2M(Machine to Machine)分野での日本市場参入を表明した。またアジア圏を含むビジネスの見通しについても説明した。


◆グローバルにM2Mソリューションを展開

テレノールグループは、3億を超える通信契約数を持つ世界有数のモバイル通信キャリアだ。特徴は世界中に自社・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針