大矢アキオの『ヴェローチェ!』

カーライフニュース - 大矢アキオの『ヴェローチェ!』

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

バスク発「折り畳めるEV」は127万円

by 大矢アキオ on 2012年01月29日(日) 23時44分

★デザイン学生諸君、溜飲を下げたまえ

折り畳める都市型電気自動車『イリコ』が2012年1月24日、ベルギーのブリュッセルで公開された。

イリコは2シーターの電気自動車。4輪駆動・4輪操舵を備え、駐車時は全長を収縮することにより省スペース化を実現する。乗り降りは収縮すると自動的に跳ね上がるフロントガラスから行なう。最高速は60km/hで、一充電あたりの走行距離は120kmである。

企画開発を行なったのは、スペイン自動車産業モータース・・・

ニュースを読む

ポルシェデザインのブラックベリー端末、店頭に

by 大矢アキオ on 2012年01月22日(日) 12時00分

★アップル製品ファンでも気になる…

ポルシェデザインによるブラックベリー・スマートフォン『P'9981 from BlackBerry』が、欧州でオフィシャルショップの店頭に並び始めた。

P'9981は独ポルシェデザインと、ブラックベリーを製造するカナダのリサーチ・イン・モーション社との共同開発による。ステンレス・フレームと手作業による革製バックカバー、立体造形のキーボードなどを外観の特徴とする。

OSはBlack Berry7で・・・

ニュースを読む

新生デトマソのSUV製造権、中国へ

by 大矢アキオ on 2012年01月01日(日) 06時00分

★デビューからたった9か月

伊デトマソ(デ・トマゾ)・アウトモービリは2011年12月、SUV『ドーヴィル』の製造権を中国企業に売却した。一部メディアによると売却額は1200万ユーロ(約12億円)。相手先である中国企業の名前は明らかにされていない。

現在のデトマソ・アウトモービリを率いているのは、元フィアット役員で実業家のジャンマリオ・ロシニョーロ氏(81歳)。04年に解散した旧デトマソの商標を09年に取得し、08年に購入した旧ピニ・・・

ニュースを読む

ルノー創業者の孫、国を訴える

by 大矢アキオ on 2011年12月28日(水) 22時00分

★資産返却を求めて訴訟。その歴史的背景

ルノー創業者ルイ・ルノーの孫たちが2011年12月14日、フランス共和国に対し、祖父の名誉回復と資産返却を求める訴訟をパリの裁判所に起こした。

ルイ・ルノーは第二次大戦中ナチスドイツに工業生産で協力し利益を得ていた容疑で、1944年の連合軍によるパリ解放後に逮捕・収監された。

そして逮捕1か月後、判決前に獄中で死去した。67歳だった。尿毒症などによる病死とされているが、その死については不明な・・・

ニュースを読む

フィアット式“平成維新”、マルキオンネ発言

by 大矢アキオ on 2011年12月11日(日) 15時47分

★工業連盟脱退からイタリア脱出まで

この冬イタリアでは、フィアットのマルキオンネCEOの発言が次々と波紋を広げている。内容は1899年の創業以来イタリアとともに歩んできた同社にとって、昨今の日本流にいえば“平成維新”ともいえるものだ。

ひとつめは10月初め、彼がイタリア工業連盟「コンフィンドゥストリア」から脱退する意向を明らかにしたことである。2012年1月から脱退することを、同連盟のマルチェガイア会長にすでに文書で通達した。イタリ・・・

ニュースを読む

ベルトーネのコレクションがイタリア芸術遺産に

by 大矢アキオ on 2011年11月20日(日) 13時15分

★経営難から復活

イタリアのカーデザイン会社・ベルトーネの歴代車両コレクションが2011年11月2日、イタリア文化財・文化活動省によって芸術遺産に指定された。

同コレクションは生産モデル、コンセプトカー、ワンオフ・モデルなど全78台で構成されており、現在トリノ郊外カプリエにあるベルトーネ本社の一角に納められている。

創業家2代目ヌッチオ・ベルトーネの未亡人で、現在同社の会長を務めるリッリ・ベルトーネは芸術遺産指定に際し、「ベルトー・・・

ニュースを読む

「エルフ」が消滅する---仏ガソリンスタンド

by 大矢アキオ on 2011年11月06日(日) 11時00分

★F1スポンサーとしておなじみ

フランス最大の石油会社トタールはこのほど、傘下のガソリンスタンド網「エルフ」を新ブランド「トタール・アクセス」に順次切り替えてゆくことを明らかにした。対象店舗はフランス国内の600店。

エルフ・ブランドの元となったエルフ・アキテーヌ社は、当時フランスに存在した「石油公団」「国営アキテーヌ石油会社」「石油および石油事業研究所」の3法人が合併して1967年に誕生した。

主な事業は南西部アキテーヌ地方のガ・・・

ニュースを読む

美しい国を悩ます「駐車場塞ぎ」

by 大矢アキオ on 2011年10月16日(日) 12時00分

★こんなモデルがなぜここに、というのも

イタリアの大都市は、欧州のなかでも駐車場の獲得競争が激しい都市として有名である。それを増幅させているのは、スペースを塞ぐ放置自動車だ。

放置自動車の数は各地の自治体の頭を悩ませている。南部シチリアの地元都市警察が2011年夏に発表したところによると、確認できるものだけでも市内には2000台の放置自動車があるという。ローマの場合、その数は約10万台といわれ、放火されるケースも多い。これにスクータ・・・

ニュースを読む

シトロエン公園に“やっと”DSのオブジェ

by 大矢アキオ on 2011年10月06日(木) 12時00分

★シトロエン本社工場の跡地の公園

パリ・セーヌ左岸にあるアンドレ・シトロエン公園に、このほどシトロエン『DS』のオブジェが設置されることが決まった。

オブジェはステンレス製で、DSの実車と同寸で作られる。厳密にはDSの廉価版であった『ID19』をモティーフとする。夜はライトアップされる予定だ。製作費はシトロエンが拠出する。

現段階の情報から想像するに、1957年にミラノ・トリエンナーレ美術館で公開され、現在はトリノ自動車博物館に展・・・

ニュースを読む

模型メーカーが実車復活を試みる旧東独のシンボル

by 大矢アキオ on 2011年09月25日(日) 19時00分

第64回フランクフルトモーターショーは、90を超える世界初公開モデルで賑わったが、ふと筆者が気になって顔をだした小さなスタンドがある。自動車メーカーではない。模型メーカー『ヘルパ』のスタンドである。

同社が長年製造している87分の1スケールのミニチュアカーは、本来は鉄道模型用であるにもかかわらず、実車の精緻な再現で自動車ファンにも広く知られている。バイエルン州ディーテンホーフェンを本拠とするヘルパ模型社は1949年の創業で、今日従業員・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針