マルシャ

カーライフニュース - マルシャ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

F1世界選手権に参戦するマノー・レーシング(マルシャ)は10日、パスカル・ウェーレインを2016シーズンのドライバーとして起用する事を明らかにした。

ドイツ出身で21歳のウェーレインはメルセデスのジュニア・ドライバーとして力をつけてきたドライバーの一人。昨年はメルセデスF1のリザーブドライバーを務め、オフシーズンのテスト走行なども担当。ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグらの活躍に貢献した。またメルセデスが同じく力を入れて参戦している・・・

ニュースを読む

マルシャF1チームを運営していたマノーは4日、2015年のF1世界選手権の開幕戦から参戦することを明らかにした。

昨年、財政難によりF1撤退が発表され、チームや施設等も管財人の管理下に入っており破産手続きが進んでいた。しかし、新たにチームをサポートする投資家が現れたことにより急展開をみせ、現在は管財人の手を離れて復帰に向けての準備が進んでいる模様。

さらにレースドライバーも発表され、1人目は昨年終盤戦にケータハムでドライブしたウィル・・・

ニュースを読む

【F1】ビアンキ、今も深刻な状態が続く…家族が声明を発表

by 吉田 知弘 on 2014年10月15日(水) 11時45分

5日に行なわれたF1日本GPで大クラッシュを喫したジュール・ビアンキ。事故から9日経った14日夜に、家族がマルシャF1チームを通じて声明を発表。彼の最新の状態を明らかにしてくれた。

事故後、”びまん性軸索損傷”と診断され、緊急手術を受けたビアンキ。今も三重県四日市市にある三重県立総合医療センターの集中治療室で治療が続けられており、非常に深刻な状態が続いているとのことだ。

先週末もF1ロシアGPをはじめ、富士スピードウェイ開催されたW・・・

ニュースを読む

マルシャ・フェラーリ誕生へ

by 編集部 on 2013年07月17日(水) 19時36分

マルシャは、2014年シーズンからフェラーリとテクニカルパートナーシップを結び、同社のエンジンを搭載すると発表した。2010年のF1参戦以来、マルシャはコスワース・エンジンを使用していた。

マルシャはフェラーリのカスタマーチームとして2014年レギュレーションに基づく1.6リットルV6エンジンと、エネルギー回生システムを使用する。トランスミッションその他のコンポーネントもフェラーリ仕様になるという。

マルシャCEOのアンディ・ウェッ・・・

ニュースを読む

シモンズ「マルシャは生き残る」

by 編集部 on 2013年05月01日(水) 17時54分

現在、2013年F1チャンピオンシップで10位を占めるマルシャだが、テクニカルディレクターのパット・シモンズは仮にタイトル順位が11位になって賞金分配がなくてもチームの存続は心配ないと主張する。

先だってF1興行トップのバーニー・エクレストンは、マルシャを除く10チームとの間で商業契約を結び、10位圏外チームには賞金を支給しないことを公表したが、シモンズによればチームの生存に不安はないということだ。

「ジョン・ブース(チーム代表)や・・・

ニュースを読む

ケータハムとマルシャが合併?

by 編集部 on 2013年03月23日(土) 23時45分

ケータハムから、この冬にマルシャとの間で合併に関する話し合いがあったことが明かされた。

技術面と運用面で慎重な検討をした結果、ケータハム側から提案した交渉だったらしいが、双方にとって有益な結論には到達し得なかったということだ。

ケータハムF1は、ルノーならびにルノースポールと協力関係にあり、2012年にはF1ファクトリーを買収したり、一流企業が連なるコマーシャルパートナーたちやF1を戦っていくだけの開発力などをすでに備えている。

・・・

ニュースを読む

ビアンキ「チルトンに勝つことが優先事項ではない」

by 編集部 on 2013年03月10日(日) 09時31分

ルイス・ラジアが放出されマルシャのセカンドシートに座ることになったジュール・ビアンキ。しかし、チームメートのマックス・チルトンとの勝負は第一優先ではなく、チームとしてグリッド前方へと進むことが目標だと語る。

開幕前の最終テスト、バルセロナで採用が決まったため、ビアンキはわずか1日半のテストのみでメルボルンの開幕戦に臨むことになる。他方マックス・チルトンは、土壇場までチームメートが決まらなかったこともあって、テストマイレージを一人で消化・・・

ニュースを読む

6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12。フィンランドのバルメットオートモーティブのブースには、ロシアのマルシャ(MARUSSIA)の新型スーパーカー、『B2』が展示され注目を集めた。

マルシャは、ロシアの新興メーカー。2008年に『B1』を発表し、スーパーカー市場へ参入した。B1はコスワース製の3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンをミッドシップに搭載するスーパーカー。そのデザインは、フェラーリの影響を受けたものだ。

・・・

ニュースを読む

マルシャから女性テストドライバー誕生

by 編集部 on 2012年03月09日(金) 06時00分

マルシャから、女性ドライバーのマリア・デ・ヴィロータのテストドライバー契約が発表された。ちなみにマリアの父エミリオも元F1ドライバーだった。

ドライバー経歴は、スペインF3に2001から05年まで参戦し、最高5位でフィニッシュしたのと、最近の3年間はアトレティコ・マドリードからスーパーリーグ・フォーミュラと、スペインGTなどに参戦していた。

マルシャ代表、ジョン・ブースのコメントだ。「マリアのテストドライバープログラム参加を歓迎する・・・

ニュースを読む

マルシャもやっとFIA公認レース車両に

by 編集部 on 2012年03月08日(木) 11時55分

シルバーストーンで行ったフィルミングラン(撮影走行)で一応のトラックデビューを果たしたマルシャ「MR01」が、ようやくFIAの立会いによるクラッシュテスト全項目に合格したという発表があった。

マルシャとHRTだけが、いずれもクラッシュテストに不合格となり、走行デビューが遅れていた。

現在、マルシャで技術顧問を務めるベテランエンジニアのパット・シモンズが語る。

「このところ数週間、かなり際どい想いをしたが、やっとFIAクラッシュテス・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針