JSR

カーライフニュース - JSR

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

JSR、原材料価格下落の影響などで減収減益 2016年4-6月期決算

by レスポンス編集部 on 2016年07月26日(火) 14時45分

JSRが発表した2016年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比23.9%減の56億3700万円と大幅減益となった。

売上高は、合成ゴム事業と合成樹脂事業で、原材料価格の低下に伴う製品価格の低下が影響して同7.0%減の887億8600万円と減収となった。

合成ゴムの販売は国内タイヤ需要の低迷で国内販売が落ち込んだものの、タイの合弁会社の稼働でSSBRの販売が上乗せとなり、販売数量は前年を上回った。合成樹脂の販売数・・・

ニュースを読む

JSRは、台湾の化学大手である長春石油化学と、ディスプレイ材料を製造する合弁会社を、中国常熟市に設立すると発表した。

合弁会社は、「捷時雅精細化工(常熟)」で、資本金が2000万米ドル。JSRが51%、長春石化が49%出資する。新設する工場は、中国常熟市にある長春石化の現地法人敷地内に建設し、液晶ディスプレイ(LCD)用材料である着色レジスト、感光性スペーサー、保護膜などを生産する。2015年中頃に着工し、2016年中に生産開始する予・・・

ニュースを読む

JSRが発表した2014年4-6月期(第1四半期)連結決算は、経常利益が前年同期比23.8%減の83億7200万円と減益となった。

売上高は、半導体材料などの多角化事業が好調で同4.7%増の960億6900万円となった。

石油化学系事業はタイヤ・自動車需要は堅調に推移しているものの、製品市況悪化や、販売数量減少により減収減益となった。第2四半期からはS-SBRを生産するタイ新工場の本格稼働で数量拡大による収益改善を見込む。

営業利・・・

ニュースを読む

JSRが発表した2013年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比4.3%減の291億9100万円と減益となった。

売上高は同4.6%増の2880億8700万円と増収となった。合成ゴムの販売は、日本では自動車生産、自動車タイヤ生産が伸びず、販売数量はほぼ前年同期並みだった。海外向け販売数量もほぼ横ばいだった。

合成樹脂事業では、日本は、建材用途などが増加したものの、自動車向けは前年並みとなり、国内合計でも横ばいだ・・・

ニュースを読む

JSR、韓国に建設中のEPDM第2工場に生産ラインを追加増設

by 編集部 on 2013年04月16日(火) 16時15分

JSRは、グループ企業である韓国の錦湖ポリケムがEPDM(エチレン・プロピレンゴム)事業の供給体制強化を図るため、現在建設中の第2工場に年間6万トンの生産ラインを追加増設すると発表した。

第2工場は生産能力が年産6万トンで今年9月に稼働する予定。追加増設ラインは、2014年7月に着工し、2015年9月に生産開始する予定。

EPDMは、自動車部品、電気/電線絶縁被覆材、タイヤチューブ、一般産業用ゴム部品など、生活の中で幅広く使用される・・・

ニュースを読む

JSR中間決算…増収減益、原材料コストが収支を圧迫

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年10月29日(月) 13時59分

JSRが発表した2012年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比12.4%減の170億5700万円の減益となった。

売上高は同7.2%増の1825億7400万円だった。主力のエラストマー事業では、国内タイヤ生産の低調あどもあったが、輸出が好調に推移し、前年同期を上回る売上を確保した。しかし、石油化学系事業の主要な原材料価格は高止まりが、収益を圧迫。減益となった。

経常利益は同3.4%減の197億4800万円、純利益は昨年計上し・・・

ニュースを読む

JSR第1四半期決算…増収減益、タイヤ向け材料高騰が収支を圧迫

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年07月23日(月) 14時01分

JSRが7月23日発表した2012年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比5.6%減の87億1800万円だった。

売上高は同10.2%増の929億5500万円だった。主力のエラストマー事業では、合成ゴムは、自動車生産の回復や、前年度能力増強を実施した溶液重合SBRの拡販などが売上を押し上げた。しかし、石油化学系事業の主要な原材料価格は高止まりが、収益を圧迫。減益となった。

経常利益は同1.2%増の100億8600・・・

ニュースを読む

JSR通期決算…原材料の価格変動が収益を圧迫

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年04月26日(木) 05時00分

JSRが発表した2011年3月期の連結決算は、売上高が前年同期比2.7%増の3499億4600万円、経常利益が同2.4%減の415億7300万円と増収減益だった。

主力の合成ゴム販売が、自動車タイヤ生産の世界的な需要拡大により堅調に推移。また主要原材料価格の変動に対応した合成ゴム価格改定も加わり、売上は増加した。

しかし、ナフサなど主要原材料の価格変動が収益を圧迫。営業利益は同8.0%減の359億6400万円、当期純利益が同4.2%・・・

ニュースを読む

JSR第3四半期決算…タイヤ向け材料が好調で増収

by 編集部 on 2012年01月24日(火) 06時30分

JSRが23日発表した2011年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比2.9%減の290億6200万円と微減だった。

売上高は同1.6%増の2593億3900万円だった。自動車の国内生産は震災の影響により大幅に落ち込んだが、自動車タイヤの生産は世界的な需要の伸びに支えられ堅調に推移した。半導体の生産は、パソコン向けのDRAM需要は低迷したが、スマートフォン、多機能携帯端末向けの半導体需要は堅調に推移したことなどか・・・

ニュースを読む

プラスチックのきしみ音を低減した樹脂を発売…JSR子会社

by 編集部 on 2011年11月01日(火) 07時45分

JSRは、100%子会社でABS樹脂を製造・販売するテクノポリマーが、プラスチック部品の嵌合部などから発生するきしみ音の低減を可能とするスチレン系特殊熱可塑性樹脂を開発したと発表した。

同社では市場開拓を進めた結果、採用実績もでき、商品のグレード構成も充実してきたことから「ハッシュロイ」シリーズと命名し、本格販売を開始する。

今回販売する特殊スチレン系熱可塑性樹脂は、プラスチック部品の接触部分から発生するきしみ音などの不快音低減に大・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針