THS トヨタ ハイブリッドシステム

カーライフニュース - THS トヨタ ハイブリッドシステム

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

6月14日、富士スピードウェイでハイブリッドカーによるレース、「Eco Car Cup 2014 Enjoy60&Enjoy180」が開催された。このレースは、ラップタイムと周回数規定があり、速さだけではなく、燃費のよさも反映されたポイントによって総合順位が決定する。

Enjoy60クラスに出走したのは11台。総合優勝は、カーナンバー29、のぶまんモータースポーツの駆る『アクア』であった。

そして3時間耐久の180クラス。純粋にマシ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は1月20日、お台場にあるメガウェブにおいて、新型『ヴォクシー』『ノア』を発表した。

新型ヴォクシー、ノアには新たに、クラス初となる本格的なハイブリッド搭載モデルがラインナップに加わった。システムは、3代目プリウスにも採用されている1.8リットルアトキンソンサイクルエンジン搭載の「リダクション機構付きTHS-II」で、燃費性能は23.8km/リットル(JC08モード)、CO2排出量は98g/km。トヨタ自動車は、このクラス・・・

ニュースを読む

ハイブリッド車の燃費競争まっただ中にいるトヨタ『アクア』がマイナーチェンジされ、JC08モードで37.0km/リットルという数値を実現した。

この燃費の向上について試乗で感じられることは何もなかった。実際にクルマを所有し比べればそれなりに差が出るかも知れない(もちろん出ないかも知れない)が、それら燃費のわずかな差がもたらす、クルマそのものの魅力の違いはほとんどないはずだ。

しかし、燃費向上にともなって行われたさまざまな改良は、アクア・・・

ニュースを読む

ガソリンエンジンではパワー不足を感じた『ハリアー』だが、ハイブリッドはそれを払拭するパワフルなフィールを示してくれた。

ハイブリッドに搭載されるエンジンは2.5リットル152馬力、モーターは前後に装着されフロントが143馬力、リヤが68馬力を発生。システム出力は197馬力となっている。

ハリアーハイブリッドはまだナンバーを取得できていないため、富士スピードウェイの構内路を使っての試乗となった。とはいえ、スピードウェイ内はそれなりにき・・・

ニュースを読む

2013年12月上旬に、神奈川横浜で開催された新型『アクセラ』の試乗会にて、ハイブリッドシステムの開発担当エンジニアに、ハイブリッドでありながらもマツダらしい走りを実現したポイントを聞くことができた。


◆「最初にクルマができたとき、ぜんぜん走らなかった」

「我々は、走りに関しては、“加速G” “エンジン・サウンド” “操作性”の3つが大切だと考えています。このアクセラ・ハイブリッドに関しては、“操作性”の走りに与える影響度が高かっ・・・

ニュースを読む

ハイブリッドラインナップ拡充を急ぐトヨタ、その背景とは

by 鈴木ケンイチ on 2013年08月23日(金) 19時30分

◆国内販売の40%、グローバル販売の14%をハイブリッドが占める

2013年8月6日、トヨタを代表する1台である『カローラ』にハイブリッドが追加された。これにより、日本の販売ランキング(2013年度1〜6月)上位10位に入るトヨタ車の『プリウス』『アクア』『クラウン』『ヴィッツ』『カローラ』という5モデルのうち4モデルがハイブリッドを有することになった。つまりは、売れ筋のクルマのほとんどにハイブリッドが用意されている格好だ。

ちなみ・・・

ニュースを読む

9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13。ハイブリッド車で先行するトヨタが、同ショーにおいて、新たなハイブリッドコンセプトカーを初公開することが判明した。

これは8月7日、トヨタ自動車の欧州法人が明らかにしたもの。「9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー13において、『ハイブリッド-Rコンセプト』をワールドプレミアする」と発表している。

ハイブリッド-Rコンセプトの詳細は、現時点では公表されていない。「R」・・・

ニュースを読む

JC08モード走行時の燃費が36.4km/リットルと、トヨタ自動車『アクア』の35.4km/リットルを抜いて燃費のトップランナーとなる見通しの次期ホンダ『フィットハイブリッド』。6月には同30km/リットルの『アコードハイブリッド』でトヨタ『カムリ』を抜き、ミドルクラスセダンの燃費トップを獲るなど、ホンダがハイブリッドカー攻勢を強めている。

◆焦燥の見られない豊田社長に対し、危機感漂う開発現場

97年に世界に先がけて量産ハイブリッド・・・

ニュースを読む

ホンダの新型『アコード』の最大の売りは30km/リットルという驚異の低燃費だ。そこで気になるのは、大柄なアコードが、どうして、そのような数値を出すことができたのか? ということだ。


◆5mの大柄ボディながらプリウスに迫る燃費を達成

まず、前提としてハイブリッドのおさらいをしてみよう。ハイブリッドには、シリーズハイブリッドとパラレルハイブリッドの2種類がある。シリーズハイブリッドとは、エンジンで発電し、その電力によるモーター駆動でク・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の内山田竹志副会長は4月17日、同社のハイブリッド車の累計生産台数が500万台を超えたことを受け都内で報道陣と懇談し、「現在、様々な方式のハイブリッドがたくさんの会社からでているが、いくつかのものに収れんしていくのではないか」との見通しを示した。

トヨタが1997年12月に世界初のハイブリッド車として発売した『プリウス』のチーフエンジニアを務めた内山田副会長は、「トヨタのハイブリッドの一大特徴は、実はハードウェアがものすご・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

としくん

納車1週間

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

定年後日産フーガから乗り換えです。 ☆納車1週間のインプレ。 納車まで8...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針