【カーナビガイド】 富士通テン イクリプス

カーライフニュース - 【カーナビガイド】 富士通テン イクリプス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

事故を起こしたくて起こす人はいない。だが自分がいくら運転に気を遣っていても、出会い頭などの衝突事故が発生する可能性はある。運転に事故はつきものと多くの人が理解しているだろう。さらに繁華街などでは人が接触をしてくることもある。

過去に事故などのトラブルを経験した人ならばわかると思うが、加害者、被害者ともに、その瞬間の記憶は曖昧なことが多く、警察に事情を聞かれても正確に答えるのは難しい。どのような方向から相手がぶつかってきたのか? その時・・・

ニュースを読む

◆“つながるナビ”、イクリプスSZシリーズの実力やいかに

じつは私、ITモノはもちろん、ハイテクものにはとんと弱いのです。一応、「Apple Watch」のような、最新のものもちょこちょこ購入しますが、ほとんどその機能を使いこなせないまま。今も私の腕にはApple Watchが燦然と輝いていて、それを見た人から「Apple Watchどお?」などと聞かれますが、「時計として使っている」と答える私。

そんな私ですから、クルマに乗った時・・・

ニュースを読む

富士通テンが近い将来に向けて示した「VISION2022」に基づき、新たなモビリティライフを提供するサービスが「Future Link」だ。その具体的な商品の第一弾としてイクリプスの新型AVN“つながるナビ”こと『SZシリーズ』(「AVN-SZX04i」「AVN-SZ04iW」「AVN-SZ04i」)が登場した。その開発の過程で核心となる「つながる」部分について話を伺った。


◆ユーザーのナビ体験価値向上のための通信ユニット搭載

F・・・

ニュースを読む

目的地までの移動を効率良くこなしたり、初めて出掛けるスポットを訪れる際の道先案内人として活躍するカーナビはとても頼れる存在。でも、「さぁ、出発!」とクルマに乗り込んだまではいいものの、目的地設定でモタついて、出鼻をくじかれたという経験はありませんか?


◆自動更新が検索&ドライブをサクサク

例えば、該当する施設がナビに登録されていなかったり、新しく開通したハズの道路が地図に載っていなくて遠回りのルートを引いてしまったり…。今の時代は・・・

ニュースを読む

昨年、エージェントによる音声対話型目的地検索を実現して大きな注目を浴びたイクリプス。次なる一手は、通信ユニットを標準装備した「つながるナビ」の実現だ。富士通テンが掲げる「FutureLink」コンセプトに基づく最新モデル、イクリプス『AVN-SZX04i』の使い勝手をさっそくチェックしてみた。


◆手間いらずの地図データ自動更新

まず、注目すべきは標準装備となった通信ユニットの存在だ。誰もがセンターとの通信が可能となり、センターとロ・・・

ニュースを読む

富士通テンは10月15日、通信ユニットを搭載する新型AVナビゲーション「SZ」シリーズなどの発表に合わせ、対話型エージェントアプリ「CarafL(カラフル)」の新機能についても紹介した。

CarafLは、女性キャラクター「ハルカ」ちゃんとの対話により検索や目的地設定などの機能が利用できるAndrodi/iOS両対応のスマートフォンアプリ。

これまでは主に、運転時の安全性確保のために目的地設定を中心とした機能に限定されていたが、今回の・・・

ニュースを読む

さて、目的地が手軽に検索&設定できることが明らかになったイクリプス Zシリーズの会話検索機能“CarafL(カラフル)”だが、このシステムを利用して、私たちのカーライフはどう変わるだろうか?今回はお台場から横浜みなとみらい地区へのドライブで検証してみることにした。


◆膨大できめ細かなスポット情報が検索できる

まずは、その検索機能の内容に注目してみる。ドライブの行き先に応じたレストラン検索やテーマパークなどのスポット検索の意図を汲み・・・

ニュースを読む

富士通テン・イクリプスは、2013年の秋モデルとして9型大画面の“ULTRA AVN”の新製品、『AVN-ZX03i』を発表した。9型という大画面ディスプレイを持つにも関わらず、幅広い車種に対応する従来モデルの長所を受け継ぎながら、クラウドを活用した音声対話エージェント『CarafL(カラフル)』やフリック操作機能の充実など、昨今のトレンドを捉えた新機能で実用性をさらに向上させている。

今回、同社の製品企画室CIビジネスグループ主査の・・・

ニュースを読む

この秋に新登場した富士通テン・イクリプスの大画面9型ナビ『AVN-ZX03i』。前回のインプレ前編ではセンター連携型の音声認識機能の「CarafL(カラフル)」や説明書アプリ「どこでもサポート」といったスマートフォン連携機能を紹介したが、後編ではナビの基本性能やその他の機能を中心に紹介したい。


◆文字入力もフリックで可能に、スマホ連携機能やクラウド活用も

ユーザーインターフェース面では、従来機種の『AVN-ZX02i』でも、ハイレ・・・

ニュースを読む

ここ最近、カーナビに採用され始めているのがセンター連携型の音声認識機能だ。音声によるコマンド入力は古くから採用されてきたが、決まったキーワードを入力することが必要だったりして、その使い勝手の悪さから利用されることはあまり多くなかった。それでも「普通に会話しているだけで目的地を探してくれたらいいのに…」そう思っていた人は多いはずだ。センター連携型の音声認識機能はそんなところに着目して開発が進んで来た。


◆センター連携型の音声認識機能「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針