トヨタ ハイブリッド 新型

カーライフニュース - トヨタ ハイブリッド 新型

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

6月14日、富士スピードウェイでハイブリッドカーによるレース、「Eco Car Cup 2014 Enjoy60&Enjoy180」が開催された。このレースは、ラップタイムと周回数規定があり、速さだけではなく、燃費のよさも反映されたポイントによって総合順位が決定する。

Enjoy60クラスに出走したのは11台。総合優勝は、カーナンバー29、のぶまんモータースポーツの駆る『アクア』であった。

そして3時間耐久の180クラス。純粋にマシ・・・

ニュースを読む

北海道・夕張で開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で、3月2日、トヨタ『エスティマ』のブランディングプロジェクト「エスティマ ドリームリレー・ムービー」が上映された。

同ムービーは、2013年5月より全国の子どもたちから集めたアイデアやシナリオをプロの映像集団が映画化したもの。タイヤを履いた寿司や、宇宙へと向かうミニバンなどが登場する、奇想天外な物語となっている。

エスティマ ハイブリッドには「想像を超えて、カタチにし・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジしたノア/ヴォクシーで、最も気になるのが新たにラインナップされたハイブリッドモデルだ。このクラスではセレナが先んじたが、モーター走行ができる本格的ハイブリッドはこのクラス初。“5ナンバーミニバン”初の本格ハイブリッドの走りを試した。

エンジンとミッションのシステムは、パワーユニットをプリウス系と基本的に同じにする。シフトレバーを電子式のエレクトロシフトマチックとし、モードスイッチは「EVドライブモード」「エコドライブ・・・

ニュースを読む

“コンピューター上の仮想空間を現実世界に登場させるとどうなるか?”、トヨタ自動車は“リフレクションマッピング”と呼ばれる3DCGで使われる手法を使った世界初のアートに挑戦、鏡面のようにピカピカな『ミラーハリアー』を作り上げた。

リフレクションマッピングとは、鏡面のように反射成分の強い物体(オブジェクト)に、仮想球の環境画像を反射して映し込む、3DCG製作過程行われるコンピューター上の手法。“バーチャルな世界の出来事を現実世界に誕生させ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車が2014年1月に発表予定の新型『ノア』『ヴォクシー』。既にディーラーでは受注活動が開始されているが、実際の納車時期は、消費税8%が適用される新年度となる場合もある。

消費税8%の適用を避けるためには年度末、2014年3月末までの登録が必要となるが、受注状況により車両の納車時期はまちまちで、年度内登録は保証の限りではないようだ。

価格差の一例を示すと、ヴォクシーの「ハイブリッド X」グレードは、税込み価格で285万円(消・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、2014年1月に発表予定の新型『ノア』『ヴォクシー』にハイブリッドモデルを投入する。そのハイブリッドモデルの燃費が23.8km/リットル(JC08モード)となることが判明した。

今回、新型『ノア』『ヴォクシー』には、1.8リットルエンジンを搭載したFFベースのハイブリッドシステムを採用、燃費23.8km/リットルは、日産『セレナ』(15.2km/リットル:JC08モード)やホンダ『ステップワゴン』(15.0km/リット・・・

ニュースを読む

リニューアルしたメガウェブ(江東区青海1-3-12)で11月2日、「FUN TO ECO-DRIVEトヨタエコドラチャレンジ!プレスイベント」が開催され、11月9・10日に一般ユーザー向けに実施される「トヨタエコドラチャレンジ!」のプレイベントが行われた。

トヨタは、独自に開発したハイブリッド車専用のデータレコーダーを活用し、試乗体験者の走行データを数値化。出力されたアドバイスシートを使って燃費向上のアドバイスを実施する「エコドライブ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は11月2日、MEGA WEB(江東区青海1-3-12)で「FUN TO ECO-DRIVEトヨタエコドラチャレンジ!プレスイベント」を実施。同社のTOYOTOWN(トヨタウン)キャンペーンCMに「時空警察」役で出演中の大杉漣さん、寺島進さんが登場し、エコドライブについて想いを語った。

このトークショーの前に、『SAI』でMEGA WEBの外周特設コースを走り、実際にエコドライブを体験したという二人。50代で運転免許を取得・・・

ニュースを読む

子どもたちのアイデアを映画化した「エスティマ ドリームリレー・ムービー」の完成披露上映会が10月30日に開催され、トヨタマーケティングジャパン主査・片岡史憲氏や、この映画の主題歌「想像を超える明日へ」をつくった、DREAMS COME TRUEが登壇した。

上映前に片岡氏は、「この『エスティマ』というクルマを端的に表す言葉に『エスティマインド』がある。想像を超えてカタチにしていくというブランド、それがエスティマ。今回の映画は、子供たち・・・

ニュースを読む

大幅にマイナーチェンジしたトヨタ『SAI』は、高級ハイブリッドセダンに乗るユーザーの期待を超えるクルマにしようとデザインされた。

そう話すのはトヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主任の久保興介さん。「2009年に発売されたSAIは、ハイブリッド車が少なかったこともあり、モノフォルムにすることで先進性をシンプルに見せるようにデザインしました」と振り返る。

発売から4年経過し現在は多くのハイブリッド車が販売されるに至った。そこで、「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針