富士モータースポーツフォレスト《写真提供 トヨタ自動車》

トヨタ自動車とグループ会社の東和不動産は4月6日、共同記者会見を実施。富士スピードウェイとともに、静岡県小山町にて「富士モータースポーツフォレスト」プロジェクトを推進すると発表した。

なお、デベロッパーとして開発を担当する東和不動産は、4月27日より「トヨタ不動産株式会社」へと社名を変更する。

富士モータースポーツフォレスト(フォレスト)は、富士スピードウェイを中心に、富士スピードウェイホテル、富士モータースポーツミュージアム、国内有数のレーシングチームのガレージ、温浴施設、レストランなど、モータースポーツ文化を楽しめる多彩な施設で構成する。エリア内各施設では大人から子どもまで楽しめる様々な体験を提供。「未来のモビリティ・モータースポーツの街」を創出していく。

フォレストが位置するエリアは将来、新東名高速道路の開通により大きく変貌を遂げる。東京から車で約1時間。小山パーキングエリアに新設されるスマートインターチェンジの隣接地にあり、アクセスが向上する。フォレストの東に位置する御殿場プレミアムアウトレットから、西北に位置する山中湖から、いずれも車で約20分。近隣観光スポットとの回遊性も高く、宿泊利用はもちろん、関東圏からの日帰りドライブとしても楽しく過ごすことができる。

富士スピードウェイは、全長4563mの国際レーシングコースを中心に、カートコースからショートサーキットまで、様々なモータースポーツ関連施設を用意する。レース観戦はもちろん、クルマ遊びの場としても利用可能。レーシングコース体験走行では、自身のクルマで世界屈指の約1.5kmのホームストレートを体感できる。

富士スピードウェイホテルは、日本初上陸ブランド「アンバウンド コレクション by Hyatt」として開業する。眼前に迫るサーキットビューと富士山ビューを楽しめる客室を用意。トヨタ博物館監修の富士モータースポーツミュージアムでは、時代を象徴する国内外メーカーのレーシングカーをゆっくり堪能できる。

レーシングチームガレージエリアでは、普段は見ることができないプロレーシングチームのガレージ特別見学ツアーや、メーカーファクトリーなどのイベントを開催。クルマ好きの大人や子どもたちに、ドライバー、エンジニア、メカニックの動きを間近に感じられる忘れられない体験を提供する。さらに近隣の観光スポットからの帰りにも、気軽に立ち寄れる温浴施設や、レストランなどを構想中。モビリティ・モータースポーツの体験を楽しんでもらうとともに、ゆっくりと滞在し、寛いでもらう場づくりを目指す。

富士モータースポーツフォレスト エリア図《図版提供 トヨタ自動車》 富士モータースポーツフォレスト 俯瞰図イラスト《図版提供 トヨタ自動車》 富士スピードウェイホテル 外観《写真提供 トヨタ自動車》 富士スピードウェイホテル 客室《写真提供 トヨタ自動車》 富士スピードウェイホテル 客室(ヴィラ)《写真提供 トヨタ自動車》 富士スピードウェイホテル 宴会場《写真提供 トヨタ自動車》 富士モータースポーツミュージアム 展示風景《写真提供 トヨタ自動車》 富士モータースポーツミュージアム 展示風景《写真提供 トヨタ自動車》 富士モータースポーツミュージアム 展示風景《写真提供 トヨタ自動車》 レーシングチームのガレージが集まるエリア《写真提供 トヨタ自動車》 富士スピードウェイ《写真提供 トヨタ自動車》 東和不動産、トヨタ自動車 共同記者会見《写真提供 トヨタ自動車》