レクサス スプレーペインティング《写真提供 プレースホルダ》

プレースホルダは、レクサス『UX250h Fスポーツ』を使ったデジタル落書きアトラクション「レクサス スプレーペインティング」を、千葉ニュータウンの分譲住宅地「オーサムガーデン」で11月20・21日に開催される「プライムマルシェ」にて限定公開する。

プレースホルダは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を全国9か所に展開。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供している。

「スプレーペインティング/デジタル落書き」は、VR(仮想現実)技術を活用し、誰でも気軽にスプレーアート体験が楽しめるリトルプラネットのオリジナルアトラクション。スプレー型ガジェットのノズルを壁に向かって押すと、スプレーを吹きかける音とともにインクの映像が現れる仕組みで、スプレーを縦に振ることで自由に色の切り替えができる。位置情報や角度情報を発するトラッカーが埋め込まれたスプレーの動作を壁に設置されたセンサーが読み取り、これらの情報を反映した映像データをプロジェクターに送信。まるで本物のようなスプレーアート体験を創り出している。

今回限定公開するレクサス スプレー ペインティングは、レクサスで新価値共創に取り組むトヨタ自動車の社内プロジェクトチーム「L.C.HUB」とリトルプラネットが連携し、これまでにない体験の創出を目指して試験的に開発したデジタルコンテンツ。全国のリトルプラネットのパークで稼働中の「スプレーペインティング/デジタル落書き」の技術をさらに進化させることで、実車という「立体物」を使った未来感あふれるアート体験を実現した。

参加は無料。本物のレクサス UX250h Fスポーツのボディに子どもたちがスプレーを自由に吹きかけるという、通常ではありえないデジタルならではの“WOW!体験”を楽しめる。

レクサス UX250h Fスポーツ《写真提供 プレースホルダ》 スプレーペインティング/デジタル落書き《写真提供 プレースホルダ》 スプレーペインティング/デジタル落書き《写真提供 プレースホルダ》 次世代型テーマパーク「リトルプラネット」《写真提供 プレースホルダ》