ホンダ モンキー125(パールネビュラレッド)《写真提供 本田技研工業》

ホンダは、原付二種のレジャーバイク『モンキー125』に5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載し、9月27日に発売する。

モンキー125は、初代モデル『モンキーZ50M』より連綿と引き継がれている台形フォルムのスタイリングを踏襲しつつ、剛性感のある倒立フロントフォークやクッション性に優れたシートを採用するなど、快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えた操作感を実現。燃費に優れた力強い出力特性の空冷4ストロークOHC 124cc単気筒エンジンを搭載し、幅広い層に好評を得ている。

新エンジンはロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、力強い走りを実現しながら最新の「平成32年(令和2年)排出ガス規制」に適合させている。また、前モデルの4速ミッションから5速ミッションに変更するなど、市街地走行からショートツーリングまでさまざまなシチュエーションで、レジャーバイクとしての操る楽しさを追求。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する1チャンネルABSを標準装備した。

カラーバリエーションは、情熱的で鮮やかな「パールネビュラレッド」と、爽やかな印象の「パールグリッターリングブルー」、精悍で落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」の全3色とし、それぞれ遊び心を感じさせるツートーンカラーを採用している。

価格は44万円。別売りの純正アクセサリーには「グリップヒーター」(2万0900円)を新たに設定している。

ホンダ モンキー125(パールシャイニングブラック)《写真提供 本田技研工業》 ホンダ モンキー125(パールグリッターリングブルー)《写真提供 本田技研工業》 ホンダ モンキー125(パールネビュラレッド)《写真提供 本田技研工業》