トヨタ自動車元町工場《Photo by Yoshikazu TSUNO/Gamma-Rapho via Getty Images/ゲッティイメージズ》

トヨタ自動車は6月11日、カーボンニュートラル実現への取り組みに関連し、メディア関係者向けに同社の「ものづくり」の説明会をオンラインで開いた。

岡田政道執行役員(CPO=チーフプロダクションオフィサー)が、トヨタ生産方式(TPS)などに基づく同社のものづくりの強みや、取り組み方針をプレゼンテーションした。このなかで岡田氏は、工場のカーボンニュートラルである「グリーンファクトリー」の実現について、「従来の2050年の目標を、2035年に達成しようというところに目標を新たに設定した」と、一気に15年前倒しする方針を示した。

自動車のカーボンニュートラルについては今後、走行時のCO2(二酸化炭素)など温室効果ガスの排出ゼロにとどまらず、生産から廃棄に至るまでLCA(ライフサイクルアセスメント)での実質ゼロ化で評価されることになる。このため、製造段階である工場のカーボンニュートラルは、車両の電動化と並ぶ自動車メーカーの大きな課題となっている。

トヨタは工場の環境負荷を抑制する取り組みをグリーンファクトリーの名のもとに、推進してきた。今回の説明会で、岡田氏は塗装工程や鋳造工程でのカーボンニュートラル実現に向けた取り組みを示し、塗装の新技術では塗料が飛散しない工程や、プレス金型のなかで車体外板に塗装を施す工法、更にはシートを張り付ける工法などを紹介した。

また、鋳造では鋳物の中空部を作るための鋳型の一部である中子(なかご)の製造工程で、エネルギー消費を抑える工法例などを示した。岡田氏は「塗装と鋳造はクルマづくりで最もCO2を出す工程であり、こういうところを前倒しで改めていきたい」と、指摘した。また、工場の電力を再生可能エネルギーなどでまかなうため「電源のオンサイト化」などを進める考えも示した。

トヨタ 岡田政道執行役員《写真提供 トヨタ自動車》