ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》

ホンダの欧州部門は11月16日、新型EVの『ホンダe』(Honda e)が、「ドイツカーオブザイヤー2021」を受賞した、と発表した。日本車が同賞を受賞したのは、初めてという。

「ドイツカーオブザイヤー」は毎年秋、主要なドイツの自動車ジャーナリストによって選出されている。最新モデルに試乗して、使いやすさや運転特性、革新のレベルなどに応じて、ランク付けする。次に、コンパクト、プレミアム、ラグジュアリー、ニューエナジー、パフォーマンスの5つのカテゴリーのトップを選出し、その中からドイツカーオブザイヤーを決定する。ホンダeは、ニューエナジー部門のトップとなり、その後の最終選考で、大賞のドイツカーオブザイヤー2021に輝いた。

ホンダeの欧州仕様車には、モーターの最大出力が136psと154psの2種類のチューニングが設定される。どちらも、最大トルクは32.1kgmを引き出す。ホンダeでは、このモーターが後輪を駆動する。前後重量配分は50対50とした。0〜100km/h加速は、136ps仕様が9秒、154ps仕様が8.3秒だ。最高速は145km/hとした。

ホンダeには、蓄電容量35.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載する。1回の充電での航続は、136ps仕様が最大222km。154ps仕様は、17インチホイール装着車の航続が最大210km、16インチ仕様は最大222kmとなる(いずれもWLTP計測)。

出力100kWの急速充電を利用すれば、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。家庭用の出力2.3 kWチャージャーの場合、フル充電はおよそ19時間、出力7.4 kWチャージャーの場合、フル充電はおよそ4時間だ。

ホンダモーターヨーロッパの奥田 克久社長は、「ホンダeがドイツカーオブザイヤーを受賞した最初の日本車になることは大きな名誉であり、この賞を受け取ることを非常に誇りに思う」と述べている。

ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》 ホンダe(欧州仕様)《photo by Honda》