GT500クラスポールポジションの#8 ARTA NSX-GT《撮影 益田和久》

富士スピードウェイで3日、SUPER GT第5戦の公式予選が行われ、GT500クラスは#8 ARTA NSX-GTの福住仁嶺が2位以下を約0.5秒引き離す驚異的なタイムでポールポジションを獲得した。GT300クラスのポールポジションは#6 ADVICS muta MC86(阪口良平/小高一斗)。

今季3回目の富士スピードウェイでの開催となるSUPER GT第5戦。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点からこれまで無観客でのレースが続いていたが、今大会は今季初めて有観客での開催となり、グランドスタンドには大勢のファンが詰めかけた。

3日にはノックアウト方式の公式予選が行われ、15台がエントリーしているGT500クラスはQ1の上位8台がQ2に進出、29台がエントリーしているGT300クラスは2グループに別れて行われるQ1の上位各8台、計16台がQ2に進出する。そしてそれぞれのQ2でポールポジションをかけたタイムアタック合戦が行われることになる。

GT500クラスのQ2はこれまで、ホンダNSX-GTとトヨタGR Supraによるポールポジション争いとなることが多かったが、今回はニッサンGT-Rが活躍。NSX-GTが2台、GR Supraが2台、そしてGT-Rは4台がQ2に進んできた。

Q2は残り3分を切ったところからタイムアタックが始まり、まずトップに立ったのはヤン・マーデンボローがドライブする#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rでタイムは1分27秒809。その後#19 WedsSport ADVAN GR Supraの国本雄資が1分27秒688を記録してトップに浮上するも、直後に#12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木大樹が1分27秒649で逆転した。ここでチェッカーが振られ、残るは現在タイムアタックを行っているマシンだけとなったが、#8 ARTA NSX-GTの福住仁嶺が驚異的なセクタータイムを記録しながらラストアタックを行い、2位を0.5秒以上引き離す1分27秒130を記録してトップに浮上。#12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木は更にタイムを縮めてきたが0.490秒遅れの1分27秒620にとどまった。これで#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が第2戦に続き、今季2度目となるポールポジションを獲得。福住は自身のドライブで初のポールポジション獲得となった。

予選2番手は#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/平峰一貴)、3番手は#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)で、トップ3は3メーカーが分け合う結果となった。

GT300クラスはQ2残り2分で#65 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)が1分36秒803を記録してトップに浮上するも、残り1分30秒で#6 ADVICS muta MC86(阪口良平/小高一斗)が1分36秒131と大幅にタイムを更新してトップに。#6 ADVICS muta MC86は更にタイムを短縮する1分36秒090を記録し、第2戦以来となる今季2度目のポールポジションを獲得した。

予選2番手は#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)、3番手は#65 LEON PYRAMID AMG。以下、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)、#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)、#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)と続いた。

SUPER GT 第5戦の決勝レースは4日13時35分から66周で争われる。


■SUPER GT 第5戦富士 公式予選GT500クラス Q2結果
1. #8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)/1分27秒130
2. #12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/平峰一貴)/1分27秒620
3. #19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)/1分27秒688
4. #24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)/1分27秒809
5. #39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)/1分28秒088
6. #23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)/1分28秒310
7. #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/千代勝正)/1分28秒481
8. #16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)/1分28秒493


■SUPER GT 第5戦富士 公式予選GT300クラス Q2結果
1. #6 ADVICS muta MC86(阪口良平/小高一斗)/1分36秒090
2. #31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)/1分36秒475
3. #65 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)/1分36秒803
4. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)/1分36秒900
5. #52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)/1分36秒930
6. #56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)/1分36秒965
7. #96 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)/1分37秒062
8. #2 シンティアム・アップル・ロータス(加藤寛規/柳田真孝)/1分37秒122
9. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)/1分37秒227
10. #25 HOPPY Porsche(松井孝允/佐藤公哉)/1分37秒239
11. #55 ARTA NSX GT3(高木真一/大湯都史樹)/1分37秒334
12. #88 JLOC ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)/1分37秒481
13. #87 T-DASH ランボルギーニ GT3(高橋翼/山田真之亮)/1分37秒579
14. #11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)/1分37秒818
15. #7 Studie BMW M6(荒聖治/山口智英)/1分37秒893
16. #360 RUNUP RIVAUX GT-R(青木孝行/田中篤)/1分39秒019

チームメイトの野尻智紀と喜びを分かち合う福住仁嶺《撮影 益田和久》 GT500クラス予選2番手の#12 カルソニック IMPUL GT-R《撮影 益田和久》 GT500クラス予選3番手の#19 WedsSport ADVAN GR Supra《撮影 益田和久》 GT300クラスポールポジションの#6 ADVICS muta MC86《撮影 益田和久》 ポールポジションを獲得したADVICS muta MC86の阪口良平(左)と小高一斗(中央)《撮影 益田和久》 GT300クラス予選2番手の#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT《撮影 益田和久》 GT300クラス3番手の#65 LEON PYRAMID AMG《撮影 益田和久》