ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》

BMW は7月1日、新型『4シリーズクーペ』(BMW 4 Series Coupe)の生産を、ドイツ・ディンゴルフィンク工場で開始した、と発表した。欧州での発売は、10月の予定だ。

新型4シリーズクーペは、プレミアムミッドサイズセグメントに属する最新世代のスポーティな2ドアクーペだ。ダイナミックなドライビングプレジャーを実現することを重視しつつ、新型『3シリーズ』と明確に差別化することに重点を置いたコンセプトを採用する。

◆縦長デザインの新しいキドニーグリル

新型のデザインは、新型3シリーズと明確に区別され、印象的なフロントマスクや特長的なクーペプロポーションを備えている。縦長のキドニーグリルは、BMWのクーペの伝統に従い、エンジンを冷却する空気をより多く取り入れることを狙った。伸びやかなサイドウィンドウのグラフィック、力強い彫刻が施されたショルダーライン、流れるようなルーフラインが、スポーティさや優雅さを表現している。

グリルは前方に傾斜し、フロントバンパーのほぼ下端まで伸ばされた。標準モデルの空気取り入れ口は、メッシュデザインだ。BMWによると、新型のキドニーグリルのデザインは、BMW 『328クーペ』やBMW 『3.0 CSi』などのクラシックモデルのデザインを復活させ、独自のモダンさを加えたものだという。

新型のボディサイズは、全長4768mm、全幅1852mm、全高1383mm、ホイールベース2851mmだ。従来型に対して、128mm長く、27mmワイド、6mm背が高い。ホイールベースも41mm延びた。トレッドは、フロントが28mm、リアが18mm拡大しており、新型が筋肉質に見える要素のひとつという。

標準のLEDヘッドライトは、スリムなデザインだ。オプションとして、「BMWレーザーライト」を備えたアダプティブLEDヘッドライトが選択できる。リアには、L字型のライトバーを備えたスタイリッシュなダークLEDテールランプが装備されている。

◆BMWの欧州最大の工場のドイツ・ディンゴルフィンクで生産

BMW は、この新型4シリーズクーペの生産を、ドイツ・ディンゴルフィンク工場で開始した。同工場は、BMWグループの31のグローバル生産拠点のひとつであり、BMWグループにとって欧州最大の製造施設だ。同工場では、『4シリーズ』をはじめ、『3シリーズ』、『5 シリーズ』、『6 シリーズ』、『7 シリーズ』、『8シリーズ』を合計で1日あたり約1500台組み立てている。

ディンゴルフィンク工場では2019年、約28万5000台を生産した。2021年からは、同工場初のフルEVとして、BMW『iNEXT』の生産を予定している。

◆量産第一号車は高性能グレードの「M440i xDrive」

新型の量産第一号車として、ディンゴルフィンク工場からラインオフしたのが、高性能グレードの「M440i xDriveクーペ」だ。3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、Mパフォーマンスオートモビルによる専用チューンが施される。その結果、欧州仕様の場合、最大出力374hp/5500〜6500rpm、最大トルク51kgm/1900〜5000rpmを獲得する。

トランスミッションは8速AT「ステップトロニック」で、駆動方式はインテリジェントな4WDの「xDrive」だ。M440i xDriveクーペは、0〜100km/h加速を4.5秒で駆け抜け、最高速は250km/hでリミッターが作動する。

「Mスポーツブレーキ」やフロント225/45 R18、リア255/40 R18の前後異径サイズのタイヤを備えた18インチMアルミホイールも装備される。市街地走行からサーキットに至るまで、直感的なブレーキ操作に応え、卓越したブレーキパフォーマンスを発揮する。このシステムは短いペダルストロークと明確なプレッシャーポイントが特長のスポーティなセットアップが施された。ブレーキング時の熱に対する耐性が高く、高い制動能力を実現する。

さらにM スポーツブレーキには、よりダイレクトなブレーキレシオと分離型油圧回路で設計されたフロント4 ピストン式固定キャリパー、リアシングルピストン式フローティングキャリパーを装備している。

◆48Vマイルドハイブリッド搭載

また、この3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンには、48Vのマイルドハイブリッドが導入される。エンジンの負荷を軽減し、出力を向上させるのに役立つ。強力な48Vスタータージェネレーターとバッテリー(二次電池)を搭載することにより、ブレーキ時に回生したエネルギーを、電力としてバッテリーに蓄える。48Vスタータージェネレーターは、11hpの追加パワーを発生する。この電力が、加速時などにエンジンをアシストする駆動力を生み出す。

48Vスタータージェネレーターは、エンジンをアシストする電気駆動ユニットのように作動し、エンジンを可能な限り、効率的な範囲内で作動できるようにする。 一方、電動オーバーブースト機能は、フルスロットルで加速するときに、ダイナミックなパフォーマンスを可能にするという。

また、48Vスタータージェネレーターは、エンジンの自動停止と再始動が行える。非常に少ない振動でエンジンを停止し、よりスムーズに再始動できるというメリットがある。これにより、ドライブトレインからエンジンを切り離すことなく、高速道路を走行する場合など、低負荷時にコースト(惰性走行)モードでエンジンを完全に停止することができる。

ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》 ドイツ・ディンゴルフィンク工場で生産が開始されたBMW 4シリーズ・クーペ 新型《photo by BMW》