SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT《画像:日産自動車》

日産自動車とオーテックジャパン、ニスモの3社は、2020年1月10日から12日の3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に『スカイライン400Rスプリント・コンセプト』などを出展、日産の新しいカスタマイズの世界を披露する。

スカイライン400Rスプリント・コンセプトは、今年9月にマイナーチェンジした新型スカイラインの高性能グレード「400R」をよりレーシーに仕立てたコンセプトカーだ。エクステリアはスポーティな印象を与える新規フロント/リヤバンパーとリヤスポイラーをはじめ、20インチ鍛造ホイールを装備。ボディはホワイトシルバーとマットブラックをベースにフローセントグリーンのアクセントを配し、圧倒的なエンジン出力と極限まで追求した走りのポテンシャルを余すところなく表現した400Rの新しい形を提案する。

一方、「スカイライン・デラックス・アドバンスド・コンセプト」は、プロパイロット2.0を搭載するスカイラインをよりラグジュアリーにカスタマイズした。エクステリアはマットブラウンとマットシルバーで彩り、さらに伝統のサーフィンラインをイメージしたカラーリングで表現。インテリアには上質な2トーンレザーシートを装備することで移動中もより豊かなムードの空間に包み込まれる。

ブースではこのほか、『GT-R』と『フェアレディZ』の50周年記念モデルや『GT-Rニスモ』2020年モデルとイタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を展示する。またニスモロードカーやプレミアムスポーティブランド「オーテック」のコンセプトカーなど幅広いラインアップを揃える。

さらに、SUPER GT500参戦車である「GT500 MOTUL AUTECH GT-R」と、モータージャーナリストの国沢光宏氏がドライバーとして参戦した2019年全日本 JAPAN EV-GP(日本電気自動車レース協会主催)仕様の「NISSAN LEAF e+」の展示も行う。

SKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT《画像:日産自動車》 NISSAN GT-R 50th Anniversary《画像:日産自動車》 フェアレディZ 50th Anniversary《画像:日産自動車》 NV350キャラバン プレミアムGX Urban CHROME《画像:日産自動車》 SERENA e-POWER AUTECH Multi Bed CONCEPT《画像:日産自動車》 ELGRAND AUTECH CONCEPT《画像:日産自動車》 Nissan GT-R50 by Italdesign《画像:日産自動車》 NISSAN GT-R NISMO《画像:日産自動車》 日産リーフ NISMO《画像:日産自動車》 ノート e-POWER NISMO S Black Limited《画像:日産自動車》 MOTUL AUTECH GT-R《画像:日産自動車》 2019 全日本 JAPAN EV-GPシリーズ仕様:NISSAN LEAF e+《画像:日産自動車》