トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》

スタイリッシュになりましたよね〜。こんなにカッコイイなら、違う名前の方がよかったのでは?と心配をしたほどでしたが、イマドキの子は往年の『カローラ』の名前を知らないので、既存の印象がないから問題ないとのこと。なるほど納得です(笑)。

でもそれくらいカッコイイんですよ。ちょうどイイお手頃サイズのセダン&ワゴンなんですよね。運動性能も、失礼を承知で言いますと、目からウロコ。


というのも、新型カローラの試乗会のすぐ後に、レンタカーで先代となる『カローラフィールダー』に乗る機会があったんですが……、誤解を恐れずに言うと「あれれ?こんなんだったっけ?」でした。ズバリ、まったくの別物。街中はもちろんですが、高速道路を走った時の安定感がまったく、いやもう世界が違うほど違いました。こんなに進化するんですねぇ〜。

新型ではドライバーの目線の動き、つまり余計な動きがないようにクルマの動きを考えたということですが、身体の疲れ方が違いますよね。ライントレース性も高いし、クルマとの対話性、ドライバーへのインフォメーション性が向上したので、一体感が増したと言えばいいでしょうか。

これが営業車だったら、グーンと成績上がること間違いナシ!カモ!?



■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト、タレント
「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ カローラツーリング(ハイブリッド)《撮影 雪岡直樹》