ホンダ認定中古車 U-Select(イメージ)《画像:ホンダ》

ホンダは、新ブランド「ホンダ認定中古車 U-Select(ユーセレクト)」の立ち上げなど、2019年10月より3つの取り組みを順次展開し、国内中古車事業を刷新すると発表した。

ホンダは2019年11月より、認定中古車の基準を厳格化するとともに新ブランド「ホンダ認定中古車 U-Select」を立ち上げる。認定中古車U-Selectは、ホンダ車であること、修復歴がないこと、第三者機関による車両状態証明書が発行されていること、この3条件を満たした中古車に限定。さらに年式、走行距離など、さらに厳しい条件を満たす中古車を「U-Select Premium(ユーセレクト・プレミアム)」とし、安心かつニーズに合った中古車を提供する。

認定中古車制度の刷新に伴い、中古車販売チャネルの名称「オートテラス」を「ホンダカーズ・U-Select」に変更する。これに伴い、店舗イメージカラーを、従来の緑からホンダカーズと同じ白を基調としたものに統一。店舗デザインの切り替えは、2020年3月末までに完了する予定だ。

また、従来、ホンダカーズ個社ごとに管理していた中古車情報をネットワーク化。中古車購入時に、全国のホンダカーズから車両を選択できるようにするなど、全国の販売網を活用した中古車事業を展開していく。

ホンダ認定中古車 U-Select(ロゴ)《画像:ホンダ》