TS050 HYBRID

鈴鹿サーキットで3月2〜3日に開催される「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」にて、世界トップカテゴリーで活躍するレーシングマシンのデモランドライバー・ライダーが決定した。

WRC(世界ラリー選手権)のトヨタ「ヤリスWRC」(2018マニュファクチャラーズチャンピオンマシン)は、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのトミ・マキネン代表がドライバーを担当。また、WEC(世界耐久選手権)のトヨタ「TS050ハイブリッド」(2018年ルマン24時間レース優勝車両)は優勝ドライバーの中嶋一貴および小林可夢偉が、インディカーシリーズのダラーラ「DW12」(2017年インディ500優勝車両)は優勝ドライバーの佐藤琢磨がステアリングを握る。F1の「アストンマーティン・レッドブル・レーシング」F1デモカー(2019年カラーモデル)は、2017・2018年マカオグランプリF3ワールドカップ優勝ドライバーのダニエル・ティクトゥムが担当する。

二輪では、EWC(世界耐久選手権)のF.C.C. TSR Honda France「CBR1000RR」(2018年ルマン24時間レース優勝車両)を2018年ルマン24時間優勝ライダーのジョシュ・フックが担当。また、MotoGPマシンのデモランも決定し、LCR Honda IDEMITSU「RC213V」を中上貴晶が走らせる。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

CBR1000RR ヤリスWRC ダラーラ DW12