VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》

噂のあったフォルクスワーゲンの次世代ミニバン『バリオスポーツ』(仮称)の開発車両を、南ドイツの飛行場でカメラが初めて捉えた。初期プロトタイプのため、『トゥーラン』のボディを使っているが、その全貌が徐々に見えたきた。

VWでは、年々MPVの販売が落ち込んでおり、現在はクロスオーバーSUVなどに顧客が流れている。この動きは今後10年でさらに加速すると見られており、社内で再編が検討されていた。その第一弾として出した答えが『ゴルフ スポーツバン』と『トゥーラン』の消滅、そしてプラットフォームに『ゴルフ』次期型と共有する最新世代の「MQB」を採用した新型MPVの開発と言われる。

捉えた車両は、Cピラー以降が延長されており、トゥーランより長い全長4.7m程度が予想される。シートレイアウトは5シーターと7シーターを設定。2列目には回転シートを持ち、インフォテインメント・ディスプレイを装備するという。ドアは、ホンダ『オデッセイ』やトヨタ『シエナ』のようなスライド式ではなく、ヒンジ式が採用される。

パワートレインは、最高出力130psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ及びディーゼルターボエンジン、最高出力197psと292psを発揮する2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが予想される。後者は高性能モデル『ゴルフ GTI Performance』と共有する。頂点には、2リットル直列4気筒ガソリンターボ+電気モーターのマイルドハイブリッドモデルを設定。最高出力380psとも噂され、『ゴルフRヴァリアント』次期型と共有すると見られる。

VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》 VWの新型ミニバン開発車両(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》