日産ノートe-POWER《撮影 宮崎壮人》

日産自動車は4月5日、小型車『ノート』が2017年度(2017年4月〜2018年3月累計)の国内販売で前年比5.8%増の13万1119台を記録し、コンパクトセグメント1位を獲得したと発表した。

ノートは、2017年暦年に続き、2017年度も競合車に大差をつけ、コンパクトセグメントでトップを獲得した。好調な販売の要因は、新電動パワートレイン「e-POWER」。100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことができる利便性が高く評価された。

なお日産車が、年度でコンパクトセグメントトップとなるのは、1997年の『マーチ』以来、20年ぶりとなる。