フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》

フェラーリ『488GTB』に新たに設定されると見られる高性能モデルの情報が、「CARB」(California Air Resources Board:カリフォルニア州大気資源局)から流出した。

CARBとは、米カリフォルニア州の排出ガス規制に関する認証手続きなどを実地している州政府機関だ。流出した資料によれば、その高性能モデルは『488スペシャルシリーズ』と記されており、そのパワートレインには現行488シリーズと同様の3.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載することが判明した。

フェラーリは、2019年以降全ての市販モデルにハイブリッドモデルをラインアップすると発表しているが、「488 スペシャルシリーズ」の資料には「ハイブリッド」を示唆する記載が見当たらないため、これが最後のガソリンのみのモデルとなる可能性がある。

また、以前スクープ撮影に成功した『458イタリア』のボディを使用した開発車両は、そのスペシャルシリーズの開発車両である可能性が高いことも判明した。V8エンジンから発揮されるそのパフォーマンスは、「488GTB」から30psアップの700psと見られ、大幅な軽量化を実現。0-100km/h加速は2.7秒で駆け抜ける。

気になる車名だが、フェラーリ伝説の「GTO」を冠したもの、あるいは「スペシャルシリーズ」として登場するのか、はたまたこれまでにない名称となるのか現段階で定かでない。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力と噂されており、2月後半には情報を入手出来るかも知れない。

フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》 フェラーリ 488GTB 高性能モデルのテスト車両 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》