サービスプロトタイプ(CEATEC JAPAN 2017)イメージ

トヨタ自動車とNTTは9月25日、トヨタが開発を進めている生活支援ロボット(HSR)と、NTTグループ各社が保有するAI技術「corevo(コレボ)」を活用し、日常生活の様々なシーンにおける行動支援を実現する共同研究を開始したと発表した。

ロボットは、これまで工場等での作業代行を目的とした産業用ロボットを中心に発展してきたが、最近では家庭内での家事や介護、子育て等を手伝ったり、コミュニケーション相手になったりするパートナーロボットに注目が集まっている。

このような状況の中、トヨタは、将来、家庭の中で、人と共に暮らし、より豊かな生活を支援することを目的に、「小型軽量」、「安全・安心」、「簡単操作」を実現した生活支援ロボットHSRの開発を推進。2015年からは、複数の大学・研究機関と連携した「HSR開発コミュニティ」を立ち上げ、HSRの機能向上に向けた技術開発を加速している。一方NTTは、ロボットを含む擬人化されたエージェントが人の言葉や表情を理解し、身振り手振りも交えて人との高度な対話を実現するAI技術「コレボ」の研究開発を進めている。

今回の共同研究では、AI技術「コレボ」を組み込んだコミュニケーションロボットやHSR等を中心に、両社が保有する技術やノウハウを組み合わせながら、多様なロボットやその他デバイスを連携させることで、人の行動を先回りしてサポートできる技術の開発を推進する。またイベント会場や商業施設向けサービスプロトタイプを作成し、来場者や実際の利用者に体験してもらいながら、今後の実用化に向けた受容性・有効性の検証と技術課題の抽出を行い、パートナーロボットの実用化促進と普及を目指す。

両社は、10月3日〜6日に幕張メッセで開催予定の「CEATEC JAPAN 2017」NTTブースにて、サービスプロトタイプを出展。その後、ロボット関連イベントやショールーム等実フィールドでの実証実験を行うことで、HSRを中心としたロボット連携サービスの可能性を探る。またAI技術「コレボ」の利用環境を外部に公開しながら、他メーカーや大学等研究機関とのコラボレーションを拡大していくことで、人とロボットの共生に必要となる機能の洗い出しと技術開発を推進。「かしこさ」だけでなく「やさしさ」を備えたパートナーロボットが人に寄り添い、人に働きかけ、人の行動や成長を促す世界の実現を目指す。