中国の衆泰汽車とフォードモーターの首脳

米国の自動車大手、フォードモーターは8月22日、中国の衆泰汽車(Zotye Automobile)との間で合弁会社を設立し、EVを現地生産することで合意した、と発表した。

中国は、政府の後押しもあり、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの新エネルギー車(NEV)が、世界で最も急速に成長している市場。フォードモーターは中国のNEV市場が2025年までに、年間600万台に拡大すると予想している。

中国安徽省に本拠を置く衆泰汽車は、中国でEVを生産した最初の自動車メーカーのひとつ。同社は2017年1〜7月、1万6000台以上のEVを販売。前年同期比は56%増と伸びている。

フォードモーターと衆泰汽車は、折半出資の合弁会社を設立。中国向けの新型EVを開発、生産し、販売やサービスを行う。フォードモーターによると、今回の発表は同社のグローバルEV戦略の拡大の一環という。