1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ)

自動車オークション大手のRMサザビーズが9月6日、英国ロンドンで開催するオークションに、マツダの希少なラリーカーを出品する。

このラリーカーは、マツダの初代『RX-7』(『サバンナRX-7』)をベースに開発されたマツダ『RX-7 Evo グループBワークス』。「グループB」とは、当時のモータースポーツのカテゴリーで、市販車として公認された車両をベースに、大幅な改造を施したマシンで参戦可能。グループB車両による WRC(世界ラリー選手権)は、1982〜1986年に開催された。

WRCドライバーのアキム・バルンボルト選手が率いるマツダ・ラリー・チーム・ヨーロッパは、初代RX-7をベースに、グループBラリーカー20台を製作する計画だった。しかし、1986年シーズンをもって、安全上の理由によりグループBカーによるWRCは突然中止。結果的に7台が製造されたに過ぎなかった。

オークションに出品されるのは、シャシーナンバーが「MRTE 019」で、1985年に製作された1台。このRX-7は、今まで一度もラリーで使用されたことがなく、グループBの終了後、ベルギーのマツダ・ラリー・チーム・ヨーロッパで保管されていた。

1990年代初頭、スイスのマツダのインポーターに譲渡され、その後、現在の所有者の元へ。RMサザビーズによると、シャシーナンバーMRTE 019は、RX-7のグループBラリーカーとしては唯一、オリジナル状態を保っている車両であり、おそらく、現存するグループBラリーカーで唯一の未走行車になるという。

1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ) 1985年式マツダ RX-7 Evo グループB ワークス(画像:RMサザビーズ)