プリクラッシュセーフティ(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)

レクサスは6月26日、今秋フルモデルチェンジを予定している新型『LS』に搭載する予防安全技術の概要を公表した。

今回のフルモデルチェンジでは、高度な衝突回避支援と高度運転支援を実現した予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+ A」を日本、北米、欧州で導入。プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)、レーダークルーズコントロールといった各種機能の性能を向上させるとともに、自動ブレーキだけでは難しい衝突回避を支援する世界初のアクティブ操舵回避支援を追加する。

アクティブ操舵回避支援は、自車線内の歩行者やガードレールのような連続した構造物と衝突する可能性が高く、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難かつ、操舵制御によって回避ができるとシステムが判断した場合、警報とブレーキ制御に加え、自動で操舵制御を行う。

また、交差点での出会い頭事故の予防に寄与するフロントクロストラフィックアラート(FCTA)も追加装備。前側方レーダーにより、世界で初めて交差する車両が接近してくる方向を大型ヘッドアップディスプレイで注意喚起。交差する車両が接近しているにもかかわらず、自車が前進しようとした場合には、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイなどと連携し、ドライバーに警告を行う。

さらに、車線維持・車線変更支援を可能にした高度運転支援技術「レクサス コドライブ」を採用する。レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト(LTA)の基本機能に、レーンチェンジアシスト(LCA)を加えた3機能を連携させ、高速道路などでの運転意図と調和した操舵支援や、レーンチェンジの運転支援を実現。カーブが多い道や、渋滞時でもシームレスな運転支援により、ドライバーの運転負荷を大幅に低減することができる。また、大型ヘッドアップディスプレイやマルチインフォメーションディスプレイなどと連携し、ドライバーに支援状況を分かりやすく通知する。

新型LSの主な予防安全技術 レクサス セーフティ システム+ Aのシステム構成 LTA作動イメージ LCA作動イメージ ドライバー異常時停車支援システム作動イメージ 上下2段式AHS作動イメージ パーキングサポートブレーキ作動イメージ サイドクリアランスビュー画面イメージ コーナリングビュー画面イメージ