大盛況だった大阪サイクルショー2017ニューモデル体感試乗会。《撮影:青木タカオ》

過去最大規模となった『大阪モーターサイクルショー2017』(3月18〜20日)。2017年の最新モデルを乗り比べるビッグチャンスとなったのが、特設試乗会場(クローズドコース)にて開催された『2017ニューモデル体感試乗会』。

試乗可能だったのは、ホンダ『CB1100RS』『CRF1000L Africa Twin』『CRF250 RALLY』をはじめ、カワサキ『Z125 PRO』『VERSYS-X 250 ABS』『Ninja 1000 ABS』、スズキ『SV650 ABS』『ジクサー』『隼』、ヤマハ『MT-09 ABS』『MT-07 ABS』『TRICITY155 ABS』。

外国車勢もBMWとハーレーダビッドソンに乗ることができ、BMW『R nineT Scrambler』『S 1000 R』『F 800 R』、ハーレーダビッドソン『XL1200CX』『FXDL』『FLHXS』の試乗車両が用意された。

いずれも話題のニューモデルとあって、会期中の3日間いずれの試乗車もフル稼働。試乗会場は大盛況だった。

大盛況だった大阪サイクルショー2017ニューモデル体感試乗会。《撮影:青木タカオ》 大盛況だった大阪サイクルショー2017ニューモデル体感試乗会。《撮影:青木タカオ》