三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》

『アウトランダーPHEV』の魅力のひとつは、EVフィーリングのままでロングドライブができること。エンジンの振動と騒音のないEVでの高速走行は非常に快適だ。また、トルクフルでピックアップが良いというモーターの特性も高速走行に向いている。

純粋なEVでは電池が切れたら、面倒な充電が必要となる。しかし、アウトランダーPHEVならば充電しなくてもOK。誰よりも遠くまでEVフィールのまま走ることができるのだ。

そうしたアウトランダーPHEVの魅力を磨き上げたのが、今年の2月に追加された最上級グレードの「Sエディション」だ。わざわざ専用の生産ラインまで作って、ボディに構造接着材を採用し、ボディ剛性を高めた。ダンパーにはビルシュタイン。チューニングはドイツで行ったというから気合いが入っている。

その苦心の成果は、高速走行で如実に表れる。ハンドルから伝わるしっかり感と優れた直進性は、従来モデルよりも1枚も2枚も上。モーター駆動ならではの伸びやかな加速も気持ちいい。また、エンジンが始動しても、その音と震動はミニマムで、ほとんど風切り音にかき消されそうなほど。ACCもあるので高速走行は快適そのものであった。グランドツアラーを探すなら、アウトランダーPHEVの「Sエディション」は有力な選択肢となるだろう。

ただし、弱点もある。締め上げられた足は、荒れた低速路が苦手だ。また、ACCは0km/hまで働くが、停止時に制御をキャンセルする。電動パーキングブレーキを備えながらも、基本のシステムが古いため、最新のライバルのように停止状態をキープできないのだ。購入を考えるときは、この2点があることを加味してほしい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

鈴木ケンイチ|モータージャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
新車のレビューからEVなどの最先端技術、開発者インタビュー、ユーザー取材、ドライブ企画まで幅広く行う。特に得意なのは、プロダクツの背景にある作り手の思いを掘り出すインタビュー。

三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》 三菱 アウトランダーPHEV Sエディション《撮影 鈴木ケンイチ》