無料セミナーイベント「飛び出せ!ミライのクルマ」追加講演決定!<画:大町駿介>

3月15日から17日まで、東京ビッグサイトで第8回国際自動車通信技術展が開かれる。協力メディアのひとつ、イード社レスポンスではイベント開催中の15日と16日に無料セミナーイベント「飛び出せ!ミライのクルマ!!」を行う。

16日の開催は既報だが、すでに用意した座席数の3分の1の応募が初日にあるなど好評につき、前日の15日の同時刻にも「飛び出せ!ミライのクルマ 3.15」を行う決定をした。この日は日本バーチャルリアリティ学会の初代会長でもある東京大学大学院の廣瀬通孝教授に「VR2.0とモビリティ」というテーマで、VR、ARの仮想現実技術が自動車やモビリティ全般に与えるインパクトを講演していただく予定だ。

15日の第2講演は、廣瀬研究所と行動予測についての共同研究も行っているレイフロンティア株式会社澤田典宏取締役に「機械学習とモビリティ」というテーマで話していただく。これまで行なってきた、移動ビッグデータを機械学習させることによりわかったことなどがテーマとなる。

「ミライのクルマ」コーナーは、近未来のクルマのビジョンや技術を特集するレスポンスのコーナーを指し、昭和時代のボックスアートのようなオープニングページを用いて、現在進行系の自動運転技術やコネクテッドカー技術を、子供の頃から誰もが夢見た技術の実現という視点で捉えている。さまざまな課題や現実と戦うエンジニアを鼓舞する意図だ。

16日の講演はテーマが「自動運転」ということもあり、抽選が予想されそうな申込状況となっている。元日産でテレマティクスを開発し、現在は半導体大手の米インテルで戦略企画室 ダイレクタを務める野辺 継男氏と、HI Corporation AmericaのCEOを経て、現在はデザインエンジニアリングを標榜するエスディーテックCTOの鈴木啓高取締役の2名。

野辺氏は、シェアリングエコノミーと自動運転技術が、ものづくり偏重の日本自動車業界に致命的打撃を与えるというストーリーで、海外自動車メーカーの路線転換や各国政府の動向を紹介しつつ、2030年に来るであろう「レベル3自動運転」と「レベル4自動運転」の世界観を示して日本のクルマに警鐘を鳴らす。

鈴木氏は、CES2017のビッグトレンドである、自動車メーカーや大手部品メーカーのHMI(ヒューマンマシンインターフェース)提案を一刀両断する。レベル3に向けて、本当に解決しなければならない人とクルマの関係を、デモを交えてデザインエンジニアリングの観点から解決に導く。

いずれも、究極の課題を容赦なく揺さぶる内容となることが期待される。

第8回国際自動車通信技術展の展示やカンファレンスの合間に参加できるよう、いずれもコンパクトな45分の講演となっている。聴講料は無料だが事前の登録が必要となっている。応募多数の場合は、締め切り前にもかかわらず抽選選考が行われるため早めの申込がお薦めだ。

<概要>

レスポンス 無料セミナーイベント「飛び出せ!ミライのクルマ!!」3/15&3/16

会場:いずれもビッグサイト会議棟
開催時期: 3月15日と16日
募集人数:両日とも申込可能ですが、応募者多数の場合はそれぞれ抽選が行われます。
主催:レスポンス「ミライのクルマ」実行委員会
聴講料:無料

申込URL:https://questant.jp/q/kurum_mirai_315_316

<3月15日「VR2.0とモビリティ」「機械学習とモビリティ」スケジュール>

・13:30開演 挨拶(レスポンス編集長 三浦 和也)
・講演1東京大学大学院 情報理工学系研究科 廣瀬 通孝 教授(45分+質疑応答10分)
講演テーマ「VR2.0とモビリティ」

休憩・名刺交換(10分)

・講演2レイ・フロンティア株式会社 取締役 CCO 澤田 典宏(45分+質疑応答10分)
講演テーマ「機械学習とモビリティ」

・終演予定15:30


<3月16日「自動運転、究極の課題」スケジュール>

13:30開演 挨拶(レスポンス編集長 三浦 和也)
インテル株式会社 戦略企画室 ダイレクタ / 名古屋大学 客員准教授 野辺 継男氏(45分+質疑応答10分)
講演テーマ「自動車販売ビジネスモデル崩壊のカウントダウン。正常進化「レベル3車」の未来とミュータント的「レベル4車」の未来が2030年に激突する」

休憩・名刺交換(10分)

エスディーテック株式会社 最高技術責任者 鈴木啓高 取締役(45分+質疑応答10分)
講演テーマ「レベル3自動運転の前に課題あり。ヒトとクルマの究極のHMIとは何か」

終演予定15:30

申込URL:https://questant.jp/q/kurum_mirai_315_316