フォースインディアVJM10(c) Getty Images

F1世界選手権に参戦するフォースインディアは21日、2017年モデルのマシン『VJM10』を発表した。

2008年からの参戦開始以来、今年で10シーズン目を迎えるフォース・インディア。昨年は、セルジオ・ペレスが2度の3位表彰台を獲得する活躍を見せ、コンストラクターズランキングではチームベストとなる4位を獲得した。

今年は、在籍4年目となるペレスに加え、メルセデス・ジュニア・チームのメンバーであるエスティバン・オコンが加入。10シーズン目という節目の年に、さらなる飛躍を目指す。なおパワーユニットは昨年同様メルセデスとなる。

アンベールされたマシンは、昨年よりもシルバーがメインとなったカラーリングが印象的。基本的に昨年のデザインから発展させた部分がほとんどだが、フロントノーズなど、細々と変わった箇所もいくつかある。

今年はメルセデス、レッドブル、フェラーリの3強に少しでも食い込みたいフォース・インディア。27日から始まるプレシーズンテストでどのような走りを見せるか、注目だ。

フォースインディアVJM10(c) Getty Images フォースインディアVJM10(c) Getty Images フォースインディアVJM10(c) Getty Images フォースインディアVJM10(c) Getty Images フォースインディアVJM10(c) Getty Images