マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》

『ロードスター』に電動ルーフを持つ「RF」が登場した。これまではルーフ部分が完全に収納されるRHT(リトラクタブル・ハード・トップ)だったが、今回はクォーター部分のパネルが残るファストバックタイプのRF(リトラクタブル・ファストバック)になった。

RFが選択されたのは、クローズドでもオープンにしたときにもカッコ良いクルマにするためだという。フルオープンのさわやかさがやや犠牲になるが、デザインもまた大切である。オープンにすると、リヤクォーターパネルをつなぐようにしてリヤルーフが残るので、タルガトップのような形状である。

ルーフの開閉はインスト中央のスイッチを操作するだけだ。手動でロックを外すなどの操作は不要で、完全に電動で開閉する。開閉時間はわずか13秒ほどとのことで、これは世界最速レベルの速さであるという。

開閉動作中は、インパネの3連メーターのうち、左側にある燃料計の上に開閉の様子が表示されるが、それを気にする暇もないほど素早く開閉が行われる。

オープンにすると、フロントルーフとミドルルーフ、バックウインドーが収納され、リヤルーフだけが残る。適度なつつまれ感というか安心感があるのがRFの良さだ。

搭載エンジンは直列4気筒2.0リットルの自然吸気DOHC。電動オープン機構を採用することでやや重くなったRFには、アメリカ向けロードスターに搭載されている2.0リットルエンジンを搭載してきた。

2.0リットルは1.5リットルに比べ、レッドゾーンが500回転ほど低いが、動力性能は1.5リットルの96kW/150Nmに対して116kW/200Nmと余裕がある。重量増以上に動力性能が向上しているので、ソフトトップよりもずっと良く走る印象になる。

1.5リットルも軽快な吹き上がりによる気持ち良さがあったが、トルクの余裕を生かした走りが得られるのが2.0リットルの魅力となる。より力強い走りが得られるのだ。

やや残念なのは2.0リットルエンジンも無鉛プレミアムガソリン仕様であること。スポーツタイプのクルマはハイオク仕様もやむを得ないが、排気量の余裕がある2.0リットルではレギュラー仕様にはできなかったものか。

タイヤはソフトトップが16インチであるのに対し、RFは17インチになる。試乗車にはポテンザのS001が装着されていた。そのためもあってか、乗り心地はやや硬めの印象だった。「RS」グレードにはビルシュタインのショックアブソーバーやフロントサス・タワーバーが装着されているので、また違った乗り味になるのだろう。

クローズドで走ると静粛性の高さが印象的だった。ボディ各部に追加された遮音材などの効果もあって、ソフトトップに比べると格段に高い静粛性が確保されている。これはRFならではの魅力である。

価格は高めの印象だ。試乗した「VS」グレードの6速EC-AT車は360万円弱の設定だし、最上級グレードのRS(6速MT)にブレンボのブレーキや鍛造アルミホイールなどをオプション装着すると、車両価格が400万円を超えてしまう。

若いユーザーには手が届きにくいので、いろいろな意味で余裕のある中高年のユーザーがセカンドカーとして選ぶクルマという印象だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》 マツダ ロードスターRF《撮影 松下宏》