教室で用いるテンプレート化されたマシンデータの例

3Dデータを活用する会・3D-GANは、小中学生親子向け工作体験教室「3Dプリンターでマイミニ四駆をつくろう!」を3月19日・20日の両日、タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店で開催する。

3D-GANは、3Dデータを活用した産業の普及・振興に取り組む一般社団法人。今回の教室では、3D-GANが参加者1組に1台ずつ用意する3Dプリンター&3Dモデリング環境と、テンプレート化されたボディとカスタムパーツの3Dデータを用意。3Dモデリングツールの操作から3Dプリンターの出力までを約3時間で体験できる。

また、3Dプリンターでのボディの出力完了後は、でき上がったボディをミニ四駆シャーシに装着してのミニ四駆サーキットの走行体験の時間も用意。近年の製造業の主流になっている3Dデータを活用したものづくりとミニ四駆作りを一度に体験できる機会を提供する。

開催時間は10時15分〜13時と14時〜16時45分で、3月19日・20日の2日間で計4回を実施。対象は小学生(4〜6年生推奨)、中学生およびその保護者で参加費は5500円(ミニ四駆・電池含む)、定員各10組。参加申込みを3D-GAN公式サイトにて受け付けている。

2016年にタミヤ新橋店で実施された教室の様子 教室で出力できるマシンのサンプル例