WRC第2戦「ラリー・スウェーデン」に挑むトヨタヤリスWRC

トヨタGAZOO Racingは2月3日、2月9日から行われるWRC(世界ラリー選手権)第2戦、「ラリー・スウェーデン」を前に、その意気込みを明らかにした。

ラリー・スウェーデンは、1973年にWRCに組み込まれて以来、WRC唯一のオールスノーラリーとして開催。タイヤに埋め込まれたスタッド(いわゆるスパイクタイヤ)が氷の路面に突き刺さることでグリップを生み、ドライバーは、コースサイドのスノーバンク(雪壁)をも巧みに使いながら、コーナーを駆け抜けていく。

2月9日夜、カールスタードで行われるスーパースペシャルステージで競技はスタート。金曜日は、スウェーデンとノルウェーの国境を跨ぎながら競技が行われる。土曜日には、コリンズ・クレストと呼ばれるジャンプの名物ポイントがあり、日曜日の正午過ぎにスタート予定のトルスビューパワーステージで幕を閉じ、表彰式が行われる。今年は総ステージ走行距離331.74kmの60%以上が新設。

トヨタGAZOO Racingは、初戦のラリー・モンテカルロにおいて、ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ選手(10号車)の表彰台獲得という期待を上回る成績をおさめた。しかし、今シーズンを「数多くの学びを得るための復帰初年度」とする位置付けは変えずに、スウェーデンでも2台の完走を目指す。

トミ・マキネン チーム代表は、「これまで雪とグラベルで多くのテストを行ってきた。高速コースでのテストも行ってきたので、準備はできていると言っていい。初戦で10号車に起きた小さなトラブルは、すでに課題として取り組んでいるが、まだ多くの事を学ぶ必要があり、ラリー・スウェーデンでもさらに開発を積み重ねていきたい」と語っている。

WRC第2戦「ラリー・スウェーデン」に挑むトヨタヤリスWRC WRC第2戦「ラリー・スウェーデン」に挑むトヨタヤリスWRC