モリテックが製作した3輪車ティクティクのゴム製ミニチュア《撮影 山田清志》

大阪市のゴム加工会社、モリテックは「オートモーティブワールド2017」にゴムでつくったさまざまな製品を展示した。その中で来場者が注目したのが、全部ゴムでつくった3輪車トゥクトゥクのミニチュアと兜だ。

なにしろ本物そっくりの出来映えだからだ。「それぞれ職人が手作業で切削加工したもので、トゥクトゥクはタイの展示会に、兜は米国の展示会にうちの技術力をアピールするために出品しました。現地では見た人が感心していましたよ」と同社関係者は話す。

同社のようなゴム切削加工会社は国内で5社ほどしかなく、同社のその中でも微細なものから1mの大きなものまで幅広く手がけている。しかも、1個から注文に応じ、あらゆる形状のものにも対応するという。

「そのため、試作を依頼されることが多いです。たとえば、車のワイパーに使われているゴムもうちで試作してOKが出たものが量産メーカーに行き、大量生産されています」と同社関係者。

ただ、注文が多いのは建築関係で、同社では車関連のビジネスを伸ばしていきたい方針だ。そのためにブースには切削加工したフロアマットも展示。日本のものづくりはこうした企業に支えられていると感じさせるブースだった。

モリテックが製作したゴム製兜《撮影 山田清志》 ゴムの切削加工の工程《撮影 山田清志》 モリテックが製作した車用フロアマット《撮影 山田清志》