マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》 

マセラティジャパンは、同社のフラッグシップセダンの『クアトロポルテ』をフェイスリフトし販売を開始した。

クアトロポルテは1963年、レーシングカーのエンジンをベースに、「パワフルなエンジンを搭載した快適なクルマとして発表。新型クアトロポルテは、そのマセラティブランドの歴史をしっかりと引き継いだ、パッション、パフォーマンス、素晴らしいスタイルを踏襲している」とは、マセラティジャパン代表取締役社長のグイド・ジョパネッリ氏の弁。

クアトロポルテの購入理由についてジョパネッリ氏は、「マセラティならではの個性的なエクステリアデザインと、圧倒的なパフォーマンスや素晴らしいドライビングフィール、そして高級感に魅力を感じて購入されている」という。

また、クアトロポルテと『ギブリ』のユーザー層の違いについて、マセラティジャパンプロダクトマーケティングマネージャーの細川英祐さんは、「どちらもこのセグメントでは、他と比較しユーザーの年齢層はかなり若い。 30代ぐらいから購入されており40代中ごろが一番多いだろう」と話す。

また、「クアトロポルテにはサラリーマンなどの勤め人はほとんどおらず、自営が多い」と述べる。一方ギブリは、これまでマセラティにいなかった、「勤め人が多く、ローンを組んで購入するユーザーが増えた。裾野を広げることを我々は注力しているが、ようやくそれが実を結んできた」と細川さん。また、クルマの性格としても、「ギブリはドライバーズカーであり、クアトロポルテはドライバーズカーとしても、ショーファー付きで乗ることも考慮されているようだ」と語った。

マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》  マセラティ・クアトロポルテ・グランスポーツトリム《撮影 内田俊一》