ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》

ホンダは1月13〜15日に千葉市の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」において、『S660ブルーノレザーエディション』を初公開した。

同車は、ホンダの軽自動車オープンスポーツカー、『S660』の新たな世界を提案する参考出品車。従来のS660とは、少し方向性の異なる「おとな仕様」を狙う。

レッドやイエローなど、スポーツカーらしい鮮やかな色を設定しているS660。しかし、ブルーノレザーエディションでは、ボディカラーに落ち付き感のあるブラウン系を採用した。

このボディカラーに合わせて、内装もブラウンでコーディネート。ダッシュボードやステアリングホイール、シートなどに、ブラウンを使う。

さらに、スピーカーシステムなどを追加。ホンダは、「落ち着いた印象ながら、こだわりを感じさせる1台」と説明している。

ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダ S660 ブルーノ レザー エディション(東京オートサロン2017)《撮影 野口岳彦》 ホンダS660ブルーノレザーエディション ホンダS660ブルーノレザーエディション