トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ。スープラにレクサスのフロントマスクを移植《撮影 伊藤和幸》

トヨタ東京自動車大学校は、1月13〜15日に千葉市の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」において、『RSスープラ』を初公開した。

同車は、2002年に生産を終了して約15年が経過した現在でも、本格スポーツカーとして人気の高いトヨタ『スープラ』(JZA80型)を、トヨタ東京自動車大学校の学生がカスタマイズ。

ハイライトは、レクサスのフロントマスクの移植だ。フロントバンパーは、レクサス『RC』の頂点に立つ高性能グレード、『RC F』の純正品。ヘッドライトには、レクサス『IS』の純正品を組み込んだ。

さらに、FRP製ボンネットには、結晶模様のカスタムペイントを施し、大型リアウイング、車高調整式サスペンション、レカロ製シート、HKS製エアクリーナーなどを装着する。

2JZ-GTE型3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンは、基本的にノーマル。最大出力280ps、最大トルク44kgmを引き出す。トヨタ東京自動車大学校は、「今でも人気の80スープラをレクサス仕様にし、レーシングスポーツ車として仕上げた」と説明している。

トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ(東京オートサロン2017)《撮影 伊藤和幸》 トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ(東京オートサロン2017)《撮影 伊藤和幸》 トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ(東京オートサロン2017)《撮影 伊藤和幸》 トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ(東京オートサロン2017)《撮影 伊藤和幸》 トヨタ東京自動車大学校のRSスープラ(東京オートサロン2017)《撮影 伊藤和幸》