渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」(イメージ)

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、7人乗りコンパクトミニバン『ゴルフ トゥーラン』の先進安全装備を強化し、1月6日より販売を開始した。

今回の商品強化では、フォルクスワーゲン(VW)のミニバンで初採用となる、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」を「TSIハイライン」「TSI R-ライン」に標準装備、「TSIコンフォートライン」には専用オプションのセーフティーパッケージに追加した。

トラフィックアシストは、あらかじめ設定した先行車との間隔と車速を自動で保ちながら、走行レーンも同時に維持するようサポート。交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況などで、システムは自動的にアクセル、ブレーキおよびステアリングを制御する。アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンキープアシストシステムによる中高速度域での車間・車線維持と相まって、あらゆる速度域で半自動運転を実現する。

なお機能強化による価格変更はなく、TSIハイラインは379万9000円、TSI R-ラインは397万4000円を据え置いた。

また、TSIコンフォートライン専用オプションのアップグレードパッケージに「クロームパッケージ(サイドウィンドー)」と「シルバールーフレール」を追加。エクステリアのクオリティを向上させた。価格は20万円。

VW ゴルフ トゥーラン レーンキープアシストシステム(イメージ)