ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎

去る12月4日、東京都国立市の谷保天満宮の境内と周辺で開催された「谷保天満宮旧車祭2016」。ここでは、見た目は地味だが各時代でエポックメーキングな足跡を残した、隠れた名車を選んでみた。

まずは初代 B10系である2台のダットサン『サニー』1000。後に名機といわれるA型エンジンの始祖だ。いずれも未再生の状態を維持した2ドアデラックスだが、グレーの1967年とグリーンの1969年式ではグリルのデザイン、バックミラーの位置、テールランプの大きさ、ホーンボタンのデザイン、サイドマーカーの形など細部に違いが見て取れるのが興味深い。この派生型であるサニー『クーペ1000』(1969年)もあった。荷室はレジャーユースに対応したトランクスルー式だ。

日産『スカイライン』1500デラックス(1969年)は珍しい。何かとGTやGT-Rが人気だが、これがいわゆるハコスカの原点。日産がプリンスとの合併後初めて新規発売されたモデルで、エンジンはプリンス製の直列4気筒OHC1500cc「G15型」を搭載している。この個体はコラム3速で、本来はベンチシートだったものをセパレートに換えているだけで、ほとんどがオリジナル状態を保っていた。エンジン音も静かでコンディションの良さをうかがわせた。

初代のトヨペット『クラウン』(1956年)もなかなか見かけることが少ない1台。しかもこれは前期型。一番最初のクラウンは排気量1500cc、出力は48psだった。観音開きのドアも特徴のひとつ。日産『セドリック』カスタム(1964年)も初代30型。サイドに回り込んだラップアラウンドウィンドウが特徴のひとつ。この個体はマイナーチェンジで4灯式ヘッドランプが縦から横並びに変更されている。

ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1969年)嶽宮 三郎 ダットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1967年)嶽宮 三郎 ダットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1967年)嶽宮 三郎 ダットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1967年)嶽宮 三郎 ダットサン サニー 1000 2ドアデラックス(1967年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 トヨペット クラウン(1956年)嶽宮 三郎 日産 セドリック カスタム(1964年)嶽宮 三郎 日産 セドリック カスタム(1964年)嶽宮 三郎 日産 スカイライン 1500デラックス(1969年)嶽宮 三郎 日産 スカイライン 1500デラックス(1969年)嶽宮 三郎 日産 スカイライン 1500デラックス(1969年)嶽宮 三郎 日産 スカイライン 1500デラックス(1969年)嶽宮 三郎 ダットサン サニークーペ1000(1969年)嶽宮 三郎 ダットサン サニークーペ1000(1969年)嶽宮 三郎