改善箇所

メルセデスベンツ日本は11月30日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、『C180コンプレッサー』『C180コンプレッサー ステーションワゴン』『C200コンプレッサー』『C200CGI』『C200コンプレッサー ステーションワゴン』『C200CGIステーションワゴン』『C250』『C250CGI』『C250ステーションワゴン』『C250CGIステーションワゴン』『C300』『C300ステーションワゴン』『C63』『C63ステーションワゴン』『C220 CDI』『E250CGIクーペ』『E350クーペ』『E550クーペ』『E350カブリオレ』『GLK300 4マチック』『SLS AMG』の21車種で、2007年3月1日から2010年5月10日に輸入された3万5467台。

特定の助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切であった場合、高い湿度の環境下で温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

改善措置として、全車両、エアバッグユニットを対策品と交換する。なお、対策品の準備に時間を要することから、まずは全ての使用者に対しダイレクトメールにより連絡し、対策品が準備できた段階で、年式の古い車両の使用者から再度連絡し、交換作業を行う。