日立化成のホームページ

日立化成は、イタリアのフィアムグループから、自動車用・産業用鉛蓄電池事業を買収することで合意したと発表した。

フィアムは、自動車用と産業用鉛蓄電池、自動車用ホーン、アンテナなどの事業をグローバルで展開する企業で、自動車用と産業用鉛蓄電池では、欧州を中心に高いシェアを持つ。フィアムから自動車用・産業用鉛蓄電池事業を分社化するフィアム・エナジー・テクノロジーの株式51.0%を、2017年2月中に日立化成が約102億円で取得する。

今回、日立化成は、フィアムのブランド力や製造拠点、販売網などを活用し、欧州、米国、東南アジアなどで自動車用・産業用鉛電池事業の強化を図る。特に自動車用鉛電池は、日立化成が蓄積してきたアイドリングストップシステム(ISS)車向け鉛蓄電池の技術を、フィアム・エナジー・テクノロジーに展開し、製品力を強化して、欧州など主要市場でシェア拡大を図る。

また、自動車用・産業用鉛電池ともに、日立化成とフィアム・エナジー・テクノロジー双方の製品を、双方の販売網を活用して販売することで、顧客の幅広いニーズに対応して事業の拡大を図る。