1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎

23日、愛知県豊田市豊田スタジアムで行われた「NAGOYA CLASSIC CAR MEETING」では、歴代ダットサンブランドの旧車も数多く集まった。その一部を紹介しよう。

真っ青なボディカラーが鮮やかだったのは、主催者でもある「クラシックカーナゴヤ」から出展された1958年式ダットサン『トラック』。同ブランドの4代目に当たる220型で、直列4気筒988ccエンジンを搭載。フロントフェンダー上にある方向指示器が時代を感じさせる。

このトラックの主要部品の多くを共用して造られたのが、初代310型系(1959年〜1963年)の『ブルーバード』。ここに来ていたのはその後期型であるP312型で、オーナーは部品をヤフオクなどで入手しながらレストアしているという。なかなか綺麗(きれい)にまとまった個体だった。3代目に当たるのは1972年式の「1600GL」。”スーパーソニックライン”のスタイルなどで大きな成功を収めた510型系の最終型だ。続く4代目610型系の「ブルーバードU」シリーズからはセダンとハードトップの「SSS」が並んでいた。

同じくトラックのシャーシを流用したのは、2代目SP310型『フェアレディ』。2台あった「1500」は、左向きの後部座席が備わる3人乗りという希少モデルだ。そしてSR311型の「2000」も。145馬力を発生し、国産初の200km/hオーバーカーとなった同シリーズ最強モデルだ。輸出仕様の左ハンドル車もあり、共にグッドコンディションであった。

『フェアレディZ』で目立っていたのは、1970年式の「432」。『スカイラインGT-R』と同じS20型エンジンを搭載した高性能モデルだ。ボディをブラストで総はく離し、できる限り新しい部品を調達して仕上げたという。また、L24型エンジンを搭載し”Gノーズ”やオーバーフェンダーで武装した「フェアレディ240Z-G」も純正にこだわって仕上げられ、好印象だった。

真っ赤に再塗装された1972年式の『サニー』クーペGXは、通常の1速のシフト位置がバックとなるローバック5速に換装して「GX5」仕様に。オーバーフェンダーに13インチのハヤシの深リムできめていた。

1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1958年 ダットサン トラック嶽宮 三郎 1970年 フェアレディZ 432嶽宮 三郎 1970年 フェアレディZ 432嶽宮 三郎 1970年 フェアレディZ 432嶽宮 三郎 1970年 フェアレディZ 432嶽宮 三郎 1964年 フェアレディ1500嶽宮 三郎 1964年 フェアレディ1500嶽宮 三郎 1964年 フェアレディ1500嶽宮 三郎 1964年 フェアレディ1500嶽宮 三郎 1964年 フェアレディ1500嶽宮 三郎 1977年 ダットサン 280Z嶽宮 三郎 1977年 ダットサン 280Z嶽宮 三郎 1977年 ダットサン 280Z嶽宮 三郎 1977年 ダットサン 280Z嶽宮 三郎 1969年 ダットサン2000 SRL嶽宮 三郎 1969年 ダットサン2000 SRL嶽宮 三郎 1969年 ダットサン2000 SRL嶽宮 三郎 1963年 ブルーバード P312嶽宮 三郎 1963年 ブルーバード P312嶽宮 三郎 1972年 サニークーペGX嶽宮 三郎 1972年 サニークーペGX嶽宮 三郎 1972年 ブルーバード 1600GL嶽宮 三郎 1972年 ブルーバード 1600GL嶽宮 三郎 1972年 フェアレディ 240ZG嶽宮 三郎 1972年 フェアレディ 240ZG嶽宮 三郎 1973年 ブルーバードU 1800 SSS嶽宮 三郎 1973年 ブルーバードU 1800 SSS嶽宮 三郎 1973年 ブルーバードU 1800 SSS嶽宮 三郎 1972年 ブルーバードU 1800 SSS嶽宮 三郎 1972年 ブルーバードU 1800 SSS嶽宮 三郎 1969年 フェアレディ2000 SR311嶽宮 三郎 1969年 フェアレディ2000 SR311嶽宮 三郎 1969年 フェアレディ2000 SR311嶽宮 三郎 1963年 フェアレディ1500 SP310嶽宮 三郎 1963年 フェアレディ1500 SP310嶽宮 三郎 1963年 フェアレディ1500 SP310嶽宮 三郎 1963年 フェアレディ1500 SP310嶽宮 三郎