ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》

デザインや室内空間が人気で好調な売れ行きを続ける『カングー』に、新しいパワートレインが搭載された。1.2リットルの直噴ターボ仕様エンジンと6速デュアルクラッチ(EDC)の組み合わせがそれ。最近の時代環境にマッチした最新のパワートレインである。

これまでは4気筒1.6リットルエンジンと4速ATというひと世代前のパワートレインで、なまくらな感じの走りだったから、新パワートレインはカングーの走りを一変させるものになった。

動力性能は84kW/190Nmで絶対的には大したものではないが、従来の1.6リットルに比べるとトルクの向上幅が大きい。低速域のトルクが増大したことで、走り出しから力強い感覚が得られるほか、6速のEDCによってスムーズに変速しながら快調に加速していく。走りの質感は格段に向上した。

フランスでは基本がライトバンであるカングーだが、日本ではポップなデザインや広い室内空間などが魅力となって、個性や使い勝手を求めるユーザーに売れている。そうしたユーザーの多くは、走りにこだわらないため、従来のパワートレインでも特に不満の声は聞かれなかったそうだ。

でも新パワートレインのカングーに試乗すればだれもがその良さを認めると思う。快い走りのフィールが得られることを考えたら、絶対に新パワートレインがお勧めである。

現在もまだ在庫車に限って継続販売している1.6リットル車は価格が安いので、それを理由に選ぶ人もいるようだが、いずれは新パワートレインに集約されていくはずだ。できれば、アイドリングストップ機構を早期に設定してほしいところである。

外観デザインに魅力を感じて選ぶ人が多いカングーながら、内装のデザインはいかにも商用車的で、ごくあっさりしたものだ。乗用車として選ぶ日本のユーザーのために、もう少し質感を上げることはできないものか。

また先進緊急ブレーキなどの運転支援装備はまだ採用されていない。これも早期に設定を望みたいところである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》 ルノー カングー ゼン EDC《撮影 松下宏》