ヤマハ XMAX 300

ヤマハ発動機は、欧州向け軽量スクーターの新製品『XMAX 300』を2017年3月より発売する。

欧州の126〜300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があり、通勤用途を主体に安定推移が見込まれている。今回発売するXMAX 300は、スタイリングと走りの良さで好評だった『XMAX 250』の後継モデルだ。

XMAX 300は、“MAXimize, commuting FUNction”のコンセプトのもと、走る楽しさと実用機能を調和させ、グローバル展開を担える製品として開発。優れた加速性能と環境性能を発揮する新設計の水冷BLUE COREエンジンを179kgの軽量ボディに搭載し、スポーティな走りを実現する。

スポーツバイク同様のテレスコピックフロントフォークを採用するほか、ABS、TCS(トラクションコントロールシステム)を装備し、快適な運転を支援。ヘルメット2個収納できるシート下トランクや、キーを取り出すことなくメインスイッチ操作が行えるスマートキーなど、利便性も高めている。

デザインは、MAX シリーズの特徴である“ブーメラン"モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、“X"をモチーフにしたフェイス&テールを採用、細部の仕上げや質感にこだわった。

価格は5499ユーロ(約63万2000円)。製造はインドネシアのグループ会社YIMMが行い、グローバルモデルとして、欧州のほか世界各国への展開を予定している。

ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300 ヤマハ XMAX 300